1. TOP
  2. 子育て
  3. 魔の3歳!先輩ママはイヤイヤ期をどう対応したの?ママがやってはいけない最悪の3つの対応とは?

魔の3歳!先輩ママはイヤイヤ期をどう対応したの?ママがやってはいけない最悪の3つの対応とは?

子育て
この記事は約 9 分で読めます。 2,584 Views
Sponsored Link

魔の3歳向け!イヤイヤ期の対処法

時間制限をつける

最初に何かをする前に「〇時までね」や「これが終わるまでね」など時間制限をきちんとつけて子供と約束をしましょう。

3歳はきちんと約束をすれば納得できるくらいには物事が理解できています。

子供の方もいきなり「もうおしまいにしてね」とやめさせられると納得しづらいですが、約束をしておくと「ここまでできたからいいか」と満足してくれやすいようです。

断固とした姿勢をとる

イヤイヤで泣いて怒るからとなんでも要望を聞くわけには行きません。

いくら泣いても喚いても「ダメなものはダメ!」という断固とした親の姿勢は必要です。

でもなぜダメなのか必ず理由を言って諭すようにしましょう。

癇癪を起こしていたら諭したところで聞き入れはしないでしょうが、そのうち「これ以上泣いても無駄だな」と理解する(諦める)ようです。

交換条件で交渉する

2歳児のイヤイヤと違い、3歳児の場合はママとの意思疎通がある程度スムーズになってきています。

その分、うまく交渉すれば説き伏せることもできるということです。

例えば「あれをしたら、これをしていいよ」「これをやったらオヤツ食べようね」など交換条件にして説得するとすんなり納得してくれたりします。

クールダウン&スキンシップ

いくら2歳児よりも交渉次第でなんとかなりやすいとはいえ、やっぱりイヤイヤが爆発して癇癪を起こしている時などは、何を言っても聞き入れずに泣き喚くだけの時も多々あります。

そんな時は何をしても無駄なので、子供が落ち着くまで物理的に距離を取るのが1番です。

子供の周りに危険なものがないかを確認してから、ママは別の部屋に行ってしまいましょう。散々泣き喚けばそのうち子供も自然にクールダウンしていきます。

これは子供だけでなくママの気持ちを落ち着かせるためにもなります。

すると子供はママがその場にいなくなったことでママに怒られた、嫌われたと思って不安な気持ちになってしまうでしょう。

それをフォローするためにも、子供が落ち着いてきたら抱っこしてあげたりしてしっかりスキンシップを取りましょう。

スキンシップをとることで幸せホルモンであるオキシトシンも分泌されるので、子供もママもお互いに気持ちが落ち着くという相乗効果もあります。

命令調の言い方をやめてみる

なかなか子供が言うことを聞いてくれないと、つい「〇〇しなさい!」「早くしなさい!」といったように命令口調で強くいってしまうもの。

でもこれって余計にイヤイヤに拍車がかかって逆効果だったりするんですよね。

ではこれに変わる言い聞かせの方法はというと、競争心を煽る言い方をしてみることはどうでしょうか。

例えば「ママと競争!どっちが先にできるかな?」など一緒にやって、子供を勝たせるようにして「〇〇ちゃん1ばーん!すごいね〇〇ちゃん!できたね!」と、うまく乗せるといいですよ。

また単純に命令調ではなく「〜してみよっか?」と誘い込むような言い方に変えてみるだけでもいいかもしれませんね。

事前準備をしておく

3歳ぐらいになると、子供がどういうタイミングで癇癪が出るのかママも予測がついてきますよね。

だったら事前に準備して癇癪を起こさせないようにするというのも方法の1つです。

例えばいつもお腹が空いた時に癇癪が出るなら小腹を満たすような1口サイズの食べ物を用意しておく。朝の慌ただしい準備時にイヤイヤが出るようなら早めに起こして時間に余裕を持たせる。

お買い物に行くと必ず「あれ買ってー!」になるならお買い物の前に「〇〇を1個だけね!」などの約束をすると子供も納得しやすいでしょう。

自分でさせる・好きにさせる

3歳児のイヤイヤの発端は「自分でやりたい!」が大きいですよね。ならば自分で!の要求を満たしてあげるといいのはないでしょうか。

「どうする?」「どれがいい?」など本人に聞いて気の済むまで好きにやらせるのもいいでしょう。

無理にやめさせるよりも自然にやめてくれることも多いので、ママの負担も軽く済むと思います。

ママ友一緒に子供同士を遊ばせる

子連れでママ友と遊び、子供同士で遊ばせることで子供にとっても親とだけの付き合いではなく同世代との関わりを持つことで新鮮な気持ちで機嫌良く過ごせます。

特に3歳児くらいの頃は同世代の子の前では良い格好をしたがるもの。

例えば2歳児の場合なら同世代の子が泣いていたらつられて泣いてしまったりするものですが、3歳児の場合は逆に冷静になってくれたりするんです。これはその特性を活かした対処法でもあります。

3歳児同士一緒に遊ぶことで機嫌良く過ごせるだけでなく、ママ同士も愚痴りあったりしてストレス発散もできて一石二鳥かもしれませんね。

人に頼る・助けを借りる

イヤイヤ期の3歳児を自分一人でなんとかしようとしないで、パパや祖父母などを頼ってみましょう。

案外ママが言うよりも、パパやおじいちゃんおばあちゃんが言う方が子供もあっさり聞き入れたりすることも多いのです。

決して一人で抱え込まないでくださいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Nemonon

Nemonon

元BA(ビューティアドバイザー)& 美容クリニック勤務経験を活かして「いつまでもキレイなママでいたい!」そう願うママさんたちがもっと輝くための美容情報を提供していきたいと思っています!

同じ子育てママとしての立場からファッション関連や妊娠・出産・子育て関連など、みなさんのお役に立てるような情報も書かせていただいてます。