1. TOP
  2. 子育て
  3. 3歳児のしかり方!子供を叱るときの上手なやり方とNGなこと

3歳児のしかり方!子供を叱るときの上手なやり方とNGなこと

子育て
この記事は約 7 分で読めます。 1,678 Views
Sponsored Link

3歳児ってこんな時期~自我の芽生えと反抗期

3歳児の身体の発達

3歳児になる頃には、身長は生まれた時から約2倍、体重は約4~5倍に成長します。

この時期は体の先端部分、指先の動作や足運びの発達が目立ち、それまで難しかった繊細な動作もどんどんできるようになっていきます。

例えば次のような特徴がみられるようになります。

  • ボタンのかけ外しが出来るようになり、ある程度は自分で着替えが出来る。
  • スプーンやフォークの使い方が上手になり、食事の時に食べこぼしが少なくなる。
  • ハサミを上手に使える
  • 少しの間なら片足立ちでバランスをとれる
  • 走りながら方向を変えたり、急に止まったり出来る

3歳児の心の発達

この時期は運動面だけでは無く、言葉や感情も大きく発達します。

集団生活を始める子供も多く、子供たちの中で社会性を身につけていくようになる時期でもあります。

この時期の心の発達の特徴は次のようなものがあります。

  • 時間帯や状況であいさつを使い分けられる
  • 問いかけにあった答えを返せる
  • 3~4つくらいまでの数を数えられる
  • 興味の表れとして「なんで?」「どうして?」が増える
  • 家族など、身近な人の気持ちが少しずつ理解できるようになってくる

3歳児の「第一次反抗期」

3歳児の発達の大きな特徴は「第一次反抗期」です。、

この時期は自我(自分はこうしたいと思う気持ち)が芽生えてくることで、周囲からあれこれ指示されることが気に入らなくなってきます。

そういった反抗が目立ってくるのがこの3歳児の時期で、思春期の第二次性徴の時期の反抗期と区別して、「第一次反抗期」と呼ばれます。

第一次反抗期の特徴は次のようなものがあります。

  • 何にでも「イヤ」「ダメ」という
  • 気に入らないとすぐに叩いたり、物を投げたりする
  • 泣きわめいて思い通りにしようとする
  • 出来ていたことをしなくなる

この時期の子供の様子に大人はイライラしてしまうことが多いです。

しかしこの反抗期は子供の成長にはとても大切な時期です。

ただ怒るだけでは、子供の発達には逆効果です。

叱り方を間違えずに対応する必要があります。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ヨウカ

ヨウカ

臨床心理学を専門に仕事をしてきました。
今は二人の子どもの子育て中です。自分が子育てをする中で気づいたことや、心配に思ったことをそれまでの経験と照らし合わせながら、日々勉強させてもらっています。
皆さんにもわかりやすくその気づきをお伝えできれば良いなと思ってます。
どうぞよろしくお願いします。