1. TOP
  2. 出産/妊娠
  3. はちみつの驚きの健康促進効果!だ・け・ど知ってほしい妊婦さんのはちみつとの付き合いかた。

はちみつの驚きの健康促進効果!だ・け・ど知ってほしい妊婦さんのはちみつとの付き合いかた。

出産/妊娠
この記事は約 7 分で読めます。 5,580 Views
Sponsored Link

妊婦さんにハチミツは大丈夫なの?

それでは、妊婦さんもダメなのではないかと思うかと思います。

実際のところ、妊娠中にはちみつを摂っても問題はありません。

ボツリヌス菌は大人の腸の中では生きていけないため、妊婦さんが摂ってもはちみつの栄養素のみ胎児にいくようになっています。

万が一ボツリヌス菌を摂取してしまったとしても、胎盤を通じて胎児に移行することはありません。

また、母乳から赤ちゃんに移行することもありませんので、授乳中のお母さんも安心して食べて大丈夫ですよ。

ただし、はちみつアレルギーの方や、消化器官に問題がある方は控えてくださいね。

必ず気をつけてほしいこと

妊娠中や授乳中のお母さんははちみつを食べても問題ないことが分かりましたが、食べる際には、赤ちゃんの口に直接入らないように注意をしてください。

はちみつを机の上に置いておいたり、食べたスプーンをそのままにしておいて赤ちゃんが舐めてしまったなどどならないように注意が必要です。

また、ボツリヌス菌は熱に強く、加工してある食品にも安心できないので、はちみつが使用されているお菓子にも食べさせない方がいいでしょう。乳児ボツリヌス症が発症するのは生後3週間~6カ月までの赤ちゃんに多いとされています。

赤ちゃんが1歳以上になれば、腸内環境も整ってきてはちみつを食べても大丈夫になりますので、それまでは気をつけてあげてください。

はちみつの効果

はちみつが妊婦さんにおすすめとされる、期待できる効果についてご紹介します。

はちみつで栄養補給!

はちみつにはビタミンや鉄分、カルシウムや葉酸など妊娠中に摂取したい栄養素がたくさん含まれています。

ビタミンには免疫力を高めてくれる効果がありますし、鉄分は貧血予防をしてくれます。

カルシウムや葉酸も胎児が成長する中で欠かせない栄養素です。

つわりがひどく、食事がとれない場合にもはちみつは栄養補給として活躍してくれそうですね。

はちみつの成分

・グルコース
・フルクトース
・マルトース
有機酸 ・グルコン酸
酵素 ・ジアスターゼ
・ホスファターゼ
ビタミン ・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミン B2
・ビタミンB12
・ナイアシン
ミネラル ・ナトリウム
・リン
・鉄
・カルシウム
・カリウム
・マグネシウム
・銅
・亜鉛
・マンガン
アミノ酸 バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・アラニン
・アルギニン
・リジン
・アスパラギン酸
・グルタミン酸
・プロリン
・スレオニン
・メチオニン
・ヒスチジン
・フェニルアラニン
・チロシン
・グリシン
・セリン
ポリフェノール カフェ酸
p-クマル酸
・フェルラ酸
・ケンフェロール
・クリシン
・ケルセチン
p-ヒドロキシ安息香酸
・バニリン酸
・バニリン
・シリングアルデヒド
・ガランギン

出典:http://bee-lab.jp/megumi/honey/index.html

砂糖代わりにはちみつを使おう!

同じ甘みのある調味料でも、砂糖よりはちみつの方が断然おすすめです。

砂糖100gあたり384カロリーに対して、はちみつ100gは294カロリーと約3/4に抑えられるところだけではなく、砂糖よりもはちみつの方が脂肪になりにくいんです。

砂糖はほぼ炭水化物で作られているのに対して、はちみつの主成分は果糖とブドウ糖であり、単糖類なので分解する必要がありません。

食後約20分で体に素早く吸収されるので、脂肪になる前にエネルギーとして消費されます。

胃腸への負担も少なく、妊娠中は糖分の摂りすぎに注意をしなければならないので嬉しいですね。

また、はちみつの甘みは砂糖よりも感じやすいと言われています。

料理などに使うと、はちみつ独自のとろみがやさしい味わいを作りだしてくれますので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

咳止めとして

妊娠中は免疫力が下がっているため、風邪をひきやすいと言われています。

どんなに予防をしていても風邪をひいてしまった場合、むやみに市販の薬を飲めませんよね。

はちみつには咳を抑える「グルコースオキシダーゼ」という酵素が含まれており、殺菌効果やウイルスの増殖を抑える効果があります。

咳止めに効くといわれている「ポリフェノール」も含まれているため、困った喉の痛みを鎮めてくれます。外出する前などに、ティースプーン1杯のはちみつをそのまま舐めると喉の粘膜を守ってくれます。

また、口内炎の改善にもいいと言われていて、はちみつの殺菌作用により、口内炎に直接はちみつを塗るのも効果的と言われています。

夏風邪喉の痛みに お手軽ハチミツ大根

(クックパッド:http://cookpad.com/recipe/3992705))
大根にはビタミンCや、胃腸の調子をよくするジアスターゼが豊富に含まれています。栄養豊富で免疫力も高めてくれる組み合わせです。風邪の時は特に効果的。

のどに優しい♡柚子生姜はちみつ液♡

(クックパッド:http://cookpad.com/recipe/3571127
生姜には体を温める効果があります。柚子を入れることで飲みやすく、体にも優しい組み合わせ。

産後のダイエットにも効果的

さきほどもお伝えしましたが、はちみつにはビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富に含まれています。

脂肪を効率よく分解し、成長ホルモンを促進する効果が期待できますので、消化吸収を早めてくれます。

便秘解消に繋がり、産後の回復も早くなりますので、体重を早く戻したい方や、綺麗に引き締めたい方におすすめです。

摂りすぎには注意して

はちみつだから安心だからと食べすぎてしまってはもちろん太ってしまいます。

砂糖と同じ位置付けで食べてください。1日の量は25g(大さじ4杯くらい)がいいと言われています。

料理に使用したり、温かい飲み物やヨーグルトなどに使用してもいいですね。

まとめ

妊婦さんに必要な成分が豊富に含まれているはちみつ。

妊娠中は甘いものや脂っぽいものなどが無性に食べたい時がありますよね。糖分の摂りすぎや体重の管理に気をつけなければいけませんが、そういう時ははちみつを舐めたり食べ物に加えたりすると、しっかりと甘みも感じられて、栄養補給の1つにもなりいいかもしれませんね。

はちみつを上手く利用しながら、ストレスなく過ごせたらいいですよね。

赤ちゃんには直接食べさせないよう気をつけてくださいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yuki-na

yuki-na

H28.6月に男の子を出産した新米ママ。毎日あれこれ模索しながら子育てを楽しんでいます。

分からないことがあるとネットを使ってすぐ調べるのが癖。自分の実体験をもとに、知りたい情報を読みやすくお伝えできればと思っています。