1. TOP
  2. 出産/妊娠
  3. おっパイが張らない…胸が張らず母乳が出ないその原因と対策はあるの?

おっパイが張らない…胸が張らず母乳が出ないその原因と対策はあるの?

出産/妊娠 子育て
この記事は約 8 分で読めます。 3,382 Views
Sponsored Link

実はおっぱいには2つのタイプがあった!

おっぱいタイプ1:張り乳

1つは「張り乳」。

(または「溜まり乳」とも言います。)言葉の通り、おっぱいが張って母乳が乳房内に溜まるタイプのおっぱいです。

このタイプは出産後早い時期からおっぱいが張りやすく母乳も出やすいです。

これだけ聞くとたくさん母乳をあげられるわけですから理想的なおっぱいのように思われます。

しかし張り乳は母乳がドンドン分泌されやすいので、授乳間隔が少し開いただけでもパンパンに張ってしまい痛みやしこりができやすいのです。

さらにお風呂の湯船で温まるだけで母乳が勝手に滲み出てしまったり、夜間などは授乳間隔がどうしても開いてしまうので痛みで眠れなかったり、眠れたとしても母乳がパジャマに滲み出てしまったりするので母乳パッドが欠かせなかったりと日常生活に支障をきたすこともあります。

また痛みやしこりがひどくなると乳腺炎などのトラブルにも発展しやすいなど多くのリスクがあり、ママの体に大きな負担がかかってしまう少々厄介なおっぱいでもあるのです。

おっぱいタイプ2:差し乳

ではもう一方の「差し乳」はというと、こちらは普段はおっぱいが張らないけれど、赤ちゃんに吸われることでツンとした感覚とともにおっぱいが張ってくるというタイプです。

差し乳は出産後、数日間はおっぱいが張らなかったり、授乳間隔もかなり開けないとおっぱいが張らないという傾向があります。

しかし吸った刺激で必要量がそのつど作られるという仕組みなのでとても効率的であり、いつも新鮮で質の良い母乳が赤ちゃんにあげられるというメリットがあります。

また乳腺炎などのトラブルにもなりにくく痛みやしこりも出来にくいのでママの体にとっても快適に母乳育児が出来るため、むしろ差し乳の方が理想のおっぱいといえるのかもしれません。

実はこの差し乳タイプの人が「おっぱいが張らないから母乳が出ない」と間違って思い込んでしまっているパターンが多いのです。

なぜなら差し乳は授乳時の刺激で必要量が出来る仕組みなので、搾乳してみてもあまり出ないのです。これを「私は母乳が出ない体質」と勘違いしてしまうのでしょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Nemonon

Nemonon

元BA(ビューティアドバイザー)& 美容クリニック勤務経験を活かして「いつまでもキレイなママでいたい!」そう願うママさんたちがもっと輝くための美容情報を提供していきたいと思っています!

同じ子育てママとしての立場からファッション関連や妊娠・出産・子育て関連など、みなさんのお役に立てるような情報も書かせていただいてます。