1. TOP
  2. 健康/美容
  3. あれ!?妊娠したら脇の黒ずみが目立つ(涙)原因と夏までにできるケア方法

あれ!?妊娠したら脇の黒ずみが目立つ(涙)原因と夏までにできるケア方法

健康/美容 出産/妊娠
この記事は約 8 分で読めます。 2,100 Views
Sponsored Link

なぜ?!妊娠すると脇が黒ずむの?!

【黒ずみ原因その1 】妊娠中のホルモンの増加

女性は妊娠するとホルモンバランスが大きく変化します。

特に妊娠20週を過ぎる頃から2大女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。

するとこれらのホルモンがメラニン生成の指令物質であるメラノサイトを刺激し、メラニン色素の分泌が増加して色素沈着につながります。

またエストロゲンには妊娠中の敏感肌を強くしようとする働きもあります。

ですがこのホルモンが逆にメラノサイトを刺激することにつながり、メラニン色素が増加。

結果、黒ずみなどの色素沈着につながってしまいます。

【黒ずみ原因その2】ターンオーバーの低下

妊娠中のホルモンバランスの変化により肌が過敏になったりしてバリア機能が低下し、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーの機能も低下しやすくなります。

すると当然、メラニンを含んだ肌細胞が排出されにくくなり、肌表面に残ってしまい黒ずみになるのです。

【黒ずみ原因その3】脇はもともとメラニンが多い

もともと体の部位の中でも脇は特にメラニンが多いため、黒ずみを起こしやすいです。

脇以外も乳首や乳輪、デリケートゾーンなども妊娠中は黒ずみやすい傾向にあるようです。

特に妊娠すると乳首や乳輪の色が濃く、黒ずみやすくなる理由は赤ちゃんが乳首を見つけやすいようにするためではないかとも言われています。

【黒ずみ原因その4】制汗剤

脇はもともと汗腺が多く代謝も活発な部位なので、老廃物が肌表面にたまりやすく毛穴にもつまりやすいです。

その上、夏場はクリームタイプやパウダー入りのスプレータイプの制汗剤を使用する機会が多く、それが脇の毛穴をふさぐ原因にもなります。

こうした制汗剤を毎日の入浴時などでしっかり落としきれないでいると、皮脂などと合わさって角質化したり、酸化した角栓となり黒ずみの原因になることもあります。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Nemonon

Nemonon

元BA(ビューティアドバイザー)& 美容クリニック勤務経験を活かして「いつまでもキレイなママでいたい!」そう願うママさんたちがもっと輝くための美容情報を提供していきたいと思っています!

同じ子育てママとしての立場からファッション関連や妊娠・出産・子育て関連など、みなさんのお役に立てるような情報も書かせていただいてます。