1. TOP
  2. 健康/美容
  3. 30代のママさん必見!自分で簡単にできる毛穴引き締めスキンケア方法

30代のママさん必見!自分で簡単にできる毛穴引き締めスキンケア方法

健康/美容
この記事は約 9 分で読めます。 2,887 Views
Sponsored Link

たるみ毛穴のための化粧品選びとスキンケア方法

たるみ毛穴の改善は一言で言うとアンチエイジングケアということになります。

そのためには「コラーゲンの生成を促すこと」と「角質層を潤すこと」ができるスキンケア選びが決め手になります。

たるみ毛穴に効果的な成分の化粧品を使い、乱れがちなターンオーバーを整え、肌にたっぷり潤いと弾力を与えるようにすればたるみ毛穴は目立たなくなります。

毛穴引き締めピーリングケア

ピーリング作用のAHAやグリコール酸などの成分の入ったピーリング製品でたるみ毛穴の原因でもある古い角質を取り除きターンオーバーを正常に整えましょう。

尚、ピーリングはやり過ぎると刺激になり逆効果なので週に1〜2回などの規定の回数を守りましょう。

また優しいピーリングケアとしてはオイルマッサージもおすすめです。

(詳しくは別記事「産後の忙しさでいちご鼻…簡単改善&治し方!」に記載しています)

またスキンケア化粧品は次の成分配合のものを選ぶと効果的なので参考にしてください。

進化系ビタミンC誘導体 APPS

そもそもビタミンCにはコラーゲンの生成を促進して、肌にハリや弾力を与える効果や老化原因でもある活性酸素の発生を抑える働きもあります。

活性酸素はコラーゲンを破壊してしまうのでビタミンCの抗酸化作用は非常に有効的です。

こうした万能成分のビタミンCですが、これそのものだけでは性質上、肌に吸収されにくいのです。肌内部にしっかり届けるためにはビタミンC誘導体というのが必要になります。

中でも最近注目なのが、進化系ビタミンC誘導体といわれているAPPSという成分です。

これは浸透力やコラーゲン合成力に優れていて、コラーゲンが分解されるのを抑えることができるので、たるみ毛穴の周りのしぼんだ細胞をふっくらさせ毛穴を目立たなくさせることができます。

レチノール

ビタミンAの一種でコラーゲン生成を促す作用が高く、ターンオーバーを整える効果もあります。

ヒアルロン酸

1gで6リットルもの水を抱え込むことができる成分です。

ヒアルロン酸は角質層にある水分を抱え込んで維持し水分蒸発を防ぐ働きがあります。

最近ではさらに角質層の奥まで浸透する低分子ヒアルロン酸というものもあります。

セラミド

細胞間脂質ともいい、角質層の細胞と細胞をつなぎ合わせる役割を持ちます。

セラミドがしっかり機能していることで水分を含んだ細胞をしっかりと肌の中で保持することができます。

セラミドは油性なので化粧水ではなく、主に乳液やクリーム、美容液などに多く含まれる成分です。

EGF

肌再生医療の分野で広く使用され、化粧品の成分としても注目を集めている成分です。

肌細胞の再生を促し肌の弾力と保湿力を高める、画期的なアンチエイジング成分です。

まとめ

 

いかがでしたか?

まずは1ヶ月でいいので、家事や育児で忙しい合間のほんの数分だけでも、今日紹介したスキンケアを毎日コツコツ続けてみてください!

お子さんのためにも毛穴レスの肌になって、いつまでも綺麗なママを目指しましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Nemonon

Nemonon

元BA(ビューティアドバイザー)& 美容クリニック勤務経験を活かして「いつまでもキレイなママでいたい!」そう願うママさんたちがもっと輝くための美容情報を提供していきたいと思っています!

同じ子育てママとしての立場からファッション関連や妊娠・出産・子育て関連など、みなさんのお役に立てるような情報も書かせていただいてます。