1. TOP
  2. 健康/美容
  3. 30代からの毛穴ケア!正しいパックの方法

30代からの毛穴ケア!正しいパックの方法

健康/美容
この記事は約 8 分で読めます。 935 Views
Sponsored Link

毛穴ケアの定番アイテムである「毛穴パック」は角栓や毛穴の汚れが一度に取れるのでとても便利です。

しかし肌を痛めるとか余計に毛穴が広がってしまうなどと言われていて、昔から賛否両論のあるスキンケアアイテムです。

結局のところ使っていいのか悪いのかハッキリしなくて疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は毛穴パックの是非や正しい使い方などをご紹介していきます。

毛穴パックってどんなタイプがあるの?

毛穴パックには大きく分けて2種類あります。

1つは貼って剥がし取るタイプ。

もう1つは塗ってから洗い流すタイプです。

剥がし取るタイプは主に鼻やアゴ、眉間からおでこにかけての三角ゾーンなど皮脂分泌が多い部分に溜まりやすい角栓や皮脂汚れを取り除くためのパックです。

シート状になっているパックを濡らした肌に貼り付けて、一定の時間を置いて乾かしたら剥がし取るというものです。

手軽で簡単ですし肌への吸着力が高いので毛穴の角栓や汚れにしっかり密着して抜き取ってくれます。しかし同時に肌表面の角質や皮脂膜など肌に必要な油分や水分も一緒に取り除いてしまいやすいです。

洗い流すタイプのパックは主にクレイパック(泥パック)が主流です。性質上、殺菌・抗炎症作用があるものも多く、天然の泥の微細な粒子が毛穴の奥まで浸透し汚れを取り除いてくれます。

天然成分なので剥がすタイプのパックよりも肌への刺激が少ないので、乾燥肌や敏感肌でも比較的使いやすいでしょう。剥がすタイプのように部分的に使うだけでなく顔全体の毛穴汚れを綺麗にするという目的でも使われることも多いです。

使い方は鼻や顔全体など気になる部分に塗って乾いたら洗い流します。

 

しかし剥がすタイプより刺激が弱いとはいえ吸着力も洗浄力もわりと強めなので、これも同じく肌に必要な潤いを洗い落としてしまうことがあります。

毛穴パックってやっちゃいけないの?

毛穴パックには主に2種類あることをお話ししました。

では結局毛穴パックってやってもいいの?というのが1番気になるところですよね。

ズバリ結論としてはどちらも使用しても大丈夫です。

とはいえ、日常の洗顔やクレンジングと比べても除去力が強いものなので肌への負担が心配になりますね。

ですが肌に刺激と悪影響しかないものならとっくに販売停止になっているはずです。

それどころか某メーカーさんの毛穴パックはかなりのロングセラー商品ですよね。

愛用者が絶えることなく売れ続けているということはそれだけその商品が効果的だということを物語っていると思います。

ではなぜ毛穴パックは良くないといった声が絶えないのでしょうか?

それは毛穴パックを使う回数や使い方、使用後のアフターケアを誤ってしまうと肌に悪影響を与えやすいスキンケアアイテムだからです。

また使用者の肌質によって効果や影響にムラが出やすいという点も、毛穴パック反対者を増やす原因につながっているのではないでしょうか?

とにかく毛穴パックを使うこと自体は全く悪くはありません!大切なのは正しい使い方と使用頻度、使用後のアフターケアです。

注意して欲しいのは妊娠中や出産後のホルモンバランスの影響で敏感肌や乾燥肌になってしまっている人、またはもとからそういった肌質の場合は毛穴パックは刺激や負担になってしまい、肌を痛めたり状態を悪化させてしまうかもしれません。

ですので毛穴パックは必ず自分の現在の肌状態を見ながら使用するようにしましょう。

毛穴パックの正しい使用方法とアフターケア方法

2種類どちらの毛穴パックを使う場合でも共通しているのが「肌のターンオーバーの周期に合わせて使用する」ということです。

どういうことかを説明する前に、まず肌のターンオーバーについて知っておいてください。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことであり、正常なら28日周期で肌がきちんと新しく生まれ変わり、古い肌は角質や垢として自然に剥がれ落ちる仕組みになっています。

ですがこの周期が加齢とともに周期が遅れがちになります。周期が長くなると肌の生まれ変わり機能がうまく働かなくなり、古い角質が排出されずに肌表面に溜まってしまい毛穴に角栓が詰まって毛穴が目立つようになってしまいます。

つまり肌のターンオーバーを正常な周期に保つことで美しい肌が維持できるのです。

しかし毛穴パックの強い除去力によって角質や必要な潤いまで奪ってしまうことで、ターンオーバーが乱れてしまいます。ですので毛穴パックの使用頻度もターンオーバー周期に合わせることが大切です。

しかしターンオーバーが自分は何日周期なのかをはっきりと把握するのは実際には難しいでしょう。

ではどうすればいいのかというと、まずは正常とされる28日周期に合わせて使用してみましょう。少なくともそれより早い周期のターンオーバーでは不正常といえるので、1〜2週間に1回といった頻度で使用してしまうと肌に余計な刺激を与えてしまい、逆にターンオーバーが乱れてしまって逆効果です。

ですので毛穴パックはだいたい1ヶ月に1回を目安に使用するのがオススメです。

しかしこの使用頻度では毛穴の改善が見られないということなら、洗い流すタイプの方を例えば週に1度の使用から始めてみて肌に変化を感じたら2週に1度、3週に1度といったように、自分の肌の様子を見ながら頻度を少しずつ伸ばしていくようにしてみてください。

このように自分の肌状態にあった理想的な使用頻度というのは実際のところ、こうして様子を見ながら自分の肌で試して見つけていくしかありません。

とはいえ剥がすタイプのパックの場合はやはり負担が大きいので、改善が見られないからとすぐに使用頻度を早めないようにしましょう。まずは剥がすタイプのパックの使用が1ヶ月に1回でも良いくらいの肌状態にすることが先決です。

そのためには日頃のスキンケアで毛穴に汚れや角栓が溜まりにくい肌作りをしていきましょう。毛穴パック使用が難しい敏感肌や乾燥肌の人ならなおさら、こうした肌作りが重要でしょう。

詳しいスキンケア方法については別記事「30代のママさん必見!自分で簡単にできる毛穴引き締めスキンケア方法」に記載しています。

また敏感肌や乾燥肌の人には「産後の忙しさでいちご鼻…簡単改善&治し方!」に記載してある『オイルマッサージで角栓除去&ソフトピーリング』が肌に負担がなくおすすめです!

毛穴パックタイプ別 使用方法

ではここで改めて、毛穴パック2種類それぞれの使用上の注意やポイントなどについて詳しく説明していきましょう。

剥がすタイプのシートパック

注意点

  1. パック前は洗顔して肌が清潔な状態にしておきましょう。
  2. 洗顔後に化粧水をつけてしまうと、きちんと効果が出なくなるので化粧水も含め顔には何もつけないようにしましょう。
  3. 入浴後などは皮膚がふやけて過敏な状態なので直後の使用は避けるようにしましょう。
  4. 運動後も汗や肌のほてりがあるのでパック後に炎症やかゆみが出ることもあるので避けるようにしましょう。
  5. 乾燥時間は季節や室温によって違うので、説明書に書かれている規定時間を目安に乾いたのを確認したらそれ以上放置せずに剥がしましょう。乾かしすぎると剥がすときに肌に大きな負担になります。

使用手順

  1. パックしたい部分の肌をしっかり水で濡らしましょう。必ずシートではなく肌を濡らしてください。小鼻のくぼみ部分も忘れずに!
  2. しっかり乾いたのを確認してからゆっくりと下から上に向かって剥がしましょう。顔の毛穴は下向きなので、それと逆方向に向かって剥がすことで角栓がしっかり取れます。くれぐれもベリッといっきに剥がさずに少しづつゆっくりと剥がしてくださいね。

洗い流すタイプのクレイパック

注意点

  1. 剥がすシートタイプよりも除去力が弱い分、毛穴の汚れがより取り除きやすいように蒸しタオルやスチーマーなどでパックしたいところの毛穴を開かせてから使用しましょう。
  2. 吸着力や洗浄力が強いので長時間乾燥させないようにしましょう。ヒリヒリしたり乾燥などが悪化することがあります。
  3. 目元や口元は敏感な部分なので避けましょう。特に目周りはほとんど皮脂腺がなく毛穴汚れがまず起こらない部分なのでパックの必要はありません。

使用手順

  1. 毛穴を開かせ、パックしたい部分の肌が隠れるくらいしっかり塗ってください。
  2. 完全に乾いたのを確認してから洗い流してください。放置時間の目安は5〜10分
  3. パック後に洗顔しないのでパックが肌に残らないようぬるま湯などできちんと落としましょう。

毛穴パック使用後のアフターケア方法

毛穴パックを使用する際のリスクは角質や潤いまで奪われやすいということ。ならば重要なのは使用後はなるべく早くスキンケアで保湿をして、奪われた潤いを補給して肌を整えてあげましょう。保湿の前に毛穴を引き締める化粧水を使うのもいいでしょう。
また剥がすタイプのパックの場合は剥がしたときに毛穴も開いている状態なので、保湿後に保冷剤などを布に包んで肌に当てて冷やし毛穴を引き締めましょう。

ここで注意して欲しいのが保湿する前にいきなり保冷剤で肌を冷やすのはNGです!

パック後は過敏な状態になっているので保冷剤などの急激な冷却はかえって負担になります。必ず化粧水などでしっかり保湿してから冷やすようにしましょう。また保冷剤を布などに包まないで直接肌につけるのも刺激が強すぎるのでやめましょう。

剥がすタイプの毛穴パックは余計に毛穴が目立つようになるとよく言われていますが、こうしたひと手間を怠らなければ大丈夫なので安心してください。

まとめ

いかがでしたか?

自分の肌状態に合わせて正しい使用方法と頻度を守りアフターケアも必ず行えば、毛穴パックは毛穴改善には最も頼もしいアイテムです!

日頃のお手入れだけでは毛穴の詰まりが改善できないようなら、時々毛穴パックに頼ってみましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Nemonon

Nemonon

元BA(ビューティアドバイザー)& 美容クリニック勤務経験を活かして「いつまでもキレイなママでいたい!」そう願うママさんたちがもっと輝くための美容情報を提供していきたいと思っています!

同じ子育てママとしての立場からファッション関連や妊娠・出産・子育て関連など、みなさんのお役に立てるような情報も書かせていただいてます。