1. TOP
  2. 健康/美容
  3. ブラジリアンワックス脱毛はセルフでするか美容クリニックでするかどっちがおすすめ、それぞれのメリットデメリットをご紹介

ブラジリアンワックス脱毛はセルフでするか美容クリニックでするかどっちがおすすめ、それぞれのメリットデメリットをご紹介

健康/美容
この記事は約 9 分で読めます。 162 Views
Sponsored Link

見出し

大人気のブラジリアンワックスは欧米ではとてもメジャーなムダ毛処理方法です。

カミソリより脱毛の効果が長く、肌への負担も少なく済むため日本でも年々人気が高まっています。

また専門サロンでもセルフでもどちらでも出来るというのも魅力の一つです。

そこで今回はセルフとサロンのそれぞれの特徴やメリットについてなど、ブラジリアンワックスについて詳しくお話ししていきましょう。

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスとは、温めたワックスでムダ毛を脱毛する方法です。

ワックスを脱毛部分の皮膚に塗り、その上からシートを貼ってそれを剥がすことで毛根ごと抜き取って脱毛していきます。

欧米では特にアンダーヘアの脱毛方法としてメジャーなものになっています。

名前の由来はブラジルの女性がTバックのビキニをよく着るためにアンダーヘアの処理をしていたことから「ブラジリアン」ワックスと呼ばれるようになったようです。

ブラジリアンワックスの特徴とメリット

ブラジリアンワックスの特徴

ワックスは天然素材のものが多い

ブラジリアンワックスで使用されるワックスはオーガニックなどの天然素材といった、肌に優しい成分で作られている場合が多いです。

主な原料としてはハチミツや砂糖、水などから作られています。

永久脱毛ではない

毛根ごと抜き取るのがブラジリアンワックス脱毛ですが、けして毛根を殺すわけでありません。

毛根が生きている以上、また毛は生えてきてしまいます。

徐々に生えにくくなったりはしますが、あくまで永久脱毛は出来ないということを覚えておいてください。

脱毛頻度の目安は約1〜2ヶ月に1回くらいです。

全身どこでも脱毛できる

ブラジリアンワックスはデリケートゾーンだけでなく、顔も含めた身体の全身どこでも出来ます。

特に顔のなかでも目周りや口周り、鼻の下などのデリケートな部分も脱毛できるのもブラジリアンワックスの大きな特徴の一つです。

痛いけどスッキリ!

毛根からごっそりスッキリ抜け、抜いた後の肌はツルツルに!

このスッキリ感と爽快感が気持ちよくてブラジリアンワックスがやみつきになる人も多いようです。

ブラジリアンワックスのメリット

即効性

例えば「明日プールに行くから、すぐにムダ毛をなんとかしたい!」という急な場合でもブラジリアンワックスなら可能。

確かにブラジリアンワックスは永久脱毛はできませんが、永久脱毛ができる医療レーザーなどにはこうした即効性はありません。

「すぐにツルツルにしたい」「とりあえず数日間はムダ毛のないキレイな状態を保ちたい」という場合には、毛根から処理できて即効性があるブラジリアンワックスが最適の脱毛方法になります。

毛が細くなっていく

ブラジリアンワックスは毛根から抜いているため、その後にその毛穴から次に生えてくる毛の毛先が細くなります。

そして脱毛を何度か繰り返していくうちに、全体的に毛深さがなくなり毛が薄くなったように感じてきます。

また以前は剛毛だった毛も柔らかく感じるようになるでしょう。

清潔なデリケートゾーンになる

VIOなどのアンダーヘアの脱毛はビジュアルの問題だけでなく、清潔なデリケートゾーンを保つための目的もあります。

アンダーヘアが多いと蒸れやすくなり、雑菌などが繁殖しやすくなります。

すると痒みやかぶれ、また生理による臭いの原因にもなってしまうのです。

こうしたお悩みもブラジリアンワックスで解決することができるのです。

サロン選びのポイントとメリット

ブラジリアンワックスの専門サロンはその人気から年々増えてきていて、今では都内だけでも100件を超えるようです。

ですが日本に広まるようになってからそこまで歴史がないためサロン選びは難しいですよね。

そこでサロンを選ぶときのチェックポイントとサロンでの施術のメリットについてお話しします。

サロン選びのポイント

VIOの料金が約5000〜7000円程度である

サロンによって細かいパーツごとの料金プランだったり、回数券などが設定されているなど様々ですが、ブラジリアンワックスといえばやはりVIOのデリケートゾーン脱毛です。

VIOの料金は約5000〜7000円が平均なので、この箇所の料金を基準に選ぶのも一つでしょう。

ちなみに他の部位は脚全体で10000円前後、ワキが3000円前後、背中や腕が6000円前後といったように、ほとんどが10000円を超えないことが多いので、比較的利用しやすい価格設定ですね。

Vゾーンのデザインができるかどうか

Vラインのデザインはさまざまなものがあります。

「ナチュラル」「オーバル」「トライアングル」などなど。さらに全部処理してしまう「ハイジニーナ」といったものもあります。

自分の好みに合わせて選べるよう、デザインのバリエーションが充実しているかどうか、またカウンセリング時にデザインの打ち合わせをしてくれるサロンかどうかもチェックしましょう。

衛生管理がきちんとしているサロンかどうか

施術の際にシートはもちろん、ペーパーやスパチュラ、ベッドのシーツなどの皮膚に触れるものを全て使い捨てにしているかどうか。

また施術に必要な毛抜きなどの道具類もしっかりと紫外線消毒やエタノール消毒をしているかなど、適切に衛生管理が行われているサロンかどうかはとても大切なチェックポイントです。

VIO処理を多く扱う脱毛なので、特に衛生面には気をつけたいところ。カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。

VIOにソフトワックスを使っているサロンは注意

ソフトワックスは肌への負担が少ないため、一見するとデリケートゾーンに向いているように思われますが、それは古いやり方です。

デリケートゾーンの毛質は硬く太めなので、固めのハードワックスでないとしっかり取り除くことは難しいのです。

そのため現在ではVIOにはハードワックスというのが主流になっています。

古いやり方のままのサロンは知識や技術面で心配かもしれないので避ける方がおすすめです。電話などで問い合わせの時に確認してみましょう。

サロンでのブラジリアンワックスのメリット

専門サロンで施術を受けるメリットとしてはやはりプロの技術なので、自分でやるよりも失敗のリスクが確実に少ないということでしょう。

肌に負担をかけずに安全にしっかりと処理できますし、処理後のアフターケアについてもアドバイスをもらえるので安心して施術を受けられます。

セルフのブラジリアンワックスのメリットとやり方のポイント

セルフでのブラジリアンワックスのメリット

セルフのメリットはカミソリなどの他の自己処理よりも脱毛効果が長く続くことと、カミソリ負けなど肌への負担が少ないことがあげられるでしょう。

また「サロンが近くにない」「VIOの処理を人にやってもらうのは恥ずかしい」「サロンよりもリーズナブルに済ませたい」といった要望に応えられるのはセルフならではでしょう。

セルフでやるブラジリアンワックス成功のポイント

最初の頃は難しいかもしれませんがコツを掴んでしまえば自宅でいつでも気軽にできて便利ですよね。

でもセルフだと上手にできない…という人も多いですよね。

でもポイントをしっかりおさえておけばセルフでもキレイに処理することができますよ。

ポイント①日本人の肌向けのワックスを選ぶ

日本で販売されているものは海外製のものが多いですが、それだとデリケートな日本人の肌に合わずに肌荒れを起こす可能性があります。

使用するワックスはできる限り肌に優しいものを選びましょう。

ポイント②ワックスの固さに注意する

ワックスにしっかり粘着力がなければ脱毛効果が得られにくくなります。

理想の固さはすくった時に少しだけ手応えを感じるくらいです。イメージはお祭りの屋台で売られている水あめくらいと覚えておいてください。

ポイント③剥がす向きと勢い

セルフの場合、自分で剥がす時の痛みを怖がっていると上手く剥がせません。素早く勢い良く剥がすようにしましょう。

シートを剥がす時はもう片方の手で剥がす方向とは逆の方に皮膚をしっかり引っ張りながら、シートは皮膚と平行に滑らせるように剥がすと痛みが少なくキレイにできます。

逆に皮膚から垂直方向に剥がさないように気をつけましょう。

ポイント④脱毛する部分に汚れや水分がついていないかどうか

入浴後だったり、脱毛中に汗をかいたりなど脱毛部分が湿っていると、ワックスが滑りやすくなりムダ毛にしっかり密着しません。

脱毛部分はしっかりと乾かしてから行いましょう。

ベビーパウダーをつけてから脱毛すると余分な湿り気を吸ってサラサラにしてくれるのでおすすめです。

ポイント⑤一度に広範囲をやろうとしない

一度に広い範囲を脱毛しようと欲張っては上手くいきません。逆に毛穴や皮膚に負担がかかり、痛みが増すことも。

一回の脱毛範囲の目安は横1cm×縦3cm以下にして、焦らず少しづつ脱毛しましょう。

ポイント⑥ムダ毛が長すぎor短すぎ

ムダ毛が長すぎるとワックスが絡むことがありますし、短すぎるとワックスがきちんと毛をキャッチできません。

脱毛に適した毛の長さは脚や腕などは1cm程度、アンダーヘアの場合は約2cm程度が目安です。

ポイント⑦脱毛時の体勢

脱毛時の姿勢が前かがみになっていると、脱毛部分の皮膚がたるんでしまい上手く脱毛できません。

上手く脱毛するには皮膚がピンと張っている状態でないと難しいです。特にVIO部分の時は前かがみにならないよう注意しましょう。

結局「セルフ」と「サロン」のどっちがおすすめ?

セルフとサロンのどちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。ですので一概にどっちかの方がベストとは決めにくいものです。

結論としておすすめなのは「初めての時はサロンでやってもらい、その後は徐々にセルフも試してみる」という方法です。

初めてなのにいきなりセルフでやるのは失敗や肌への負担などのリスクが大きいですよね。

なので最初の頃はサロンでやってもらうようにすれば詳しいやり方も見られるので、セルフでする時のコツも掴みやすいでしょう。

またサロンなら脱毛後のアフターケアのアドバイスもしてもらえるので、その後セルフでする時にも安心でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ブラジリアンワックスには他の脱毛方法とは違う特徴やメリットがあります。

セルフとサロンのどちらの場合でも事前にこれらをよく確認して、キレイなツルツル肌をめざしましょう!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Nemonon

Nemonon

元BA(ビューティアドバイザー)& 美容クリニック勤務経験を活かして「いつまでもキレイなママでいたい!」そう願うママさんたちがもっと輝くための美容情報を提供していきたいと思っています!

同じ子育てママとしての立場からファッション関連や妊娠・出産・子育て関連など、みなさんのお役に立てるような情報も書かせていただいてます。