1. TOP
  2. 子育て
  3. その歯ブラシ保管方法大丈夫!?子供&赤ちゃんを虫歯にさせないための歯ブラシ保管方法ご紹介

その歯ブラシ保管方法大丈夫!?子供&赤ちゃんを虫歯にさせないための歯ブラシ保管方法ご紹介

子育て
この記事は約 12 分で読めます。 1,479 Views
Sponsored Link

見出し

大丈夫!?子供&赤ちゃんを虫歯にさせないための歯ブラシ保管方法ご紹介

 

歯ブラシに付く雑菌は1億個?

イギリスのある大学の研究によれば、歯ブラシには平均で約1億個もの雑菌が付いているようです。

さらに、歯ブラシの保管方法によってはこの菌を増殖させている可能性もあるそう。

もともと人の口の中にも、雑菌は数え切れないほど存在しているといいますが、きれいに磨くはずの歯ブラシが雑菌だらけだと、歯磨きをしても逆効果かもしれません。

汚れた歯ブラシの赤ちゃん・子供への影響

歯ブラシについている菌の影響は、大人だとそこまで心配する必要はないそうです。

しかし、赤ちゃんや小さい子供は体内にまだ常在菌が定着していないので、歯ブラシに付着した雑菌に対する免疫力は大人よりも弱いそう。

雑菌に負けて病気にかかる可能性もゼロではありません。

間違った保管方法の例

①歯ブラシにキャップをしている

濡れたままの歯ブラシにキャップをすると、歯ブラシに残った菌が増殖するだけでなく、カビの原因にもつながります。

歯ブラシにキャップをして持ち歩く場合は、清潔なティッシュなどで拭いて乾かしてからキャップをしましょう。

②溜めた水で洗っている

歯みがき後に歯ブラシを洗う際、コップに溜めた水でサッと洗うだけでは、雑菌を流すのに十分ではありません。

強めの流水でしっかり洗うようにしてください。

③水中に保管している

①でも書いたとおり、歯ブラシが濡れていると雑菌が増える原因になります。水中に保管するなんてもっての他。

なるべく湿気が少なくて風通しの良い場所に保管しましょう。

④一つのコップに家族全員の歯ブラシを保管している

1つのコップに複数の歯ブラシを保管している場合、互いの毛先が触れ合うことで、雑菌をうつしあってしまいます。

それだけでなく、歯周病菌や虫歯菌、また風邪などもこれでうつってしまう場合がありますので、歯ブラシは1本1本、他の人の歯ブラシとくっつかないように離して保管してください。

⑤ユニットバスや台所で保管している

お風呂場は湿度が高いので雑菌が繁殖しやすく、歯ブラシの保管場所には適していません。

また、トイレには大腸菌などいろいろな雑菌が浮遊しており、それらが歯ブラシに付着する可能性も。

台所も食品から細菌が付着する可能性があり、保管場所としておすすめはできません。

⑥歯ブラシを何ヶ月も交換していない

歯ブラシは長く使っていれば入るほど、大量の菌が付着しています。

毛先が広がってきたら交換している、という人も多いとは思いますが、一般的に1日3回歯磨きをする方の歯ブラシの替え時は1ヶ月が目安とされています。

いかがですか?

わりとやりがちなことばかりですが、上記のような方法で保管している場合、歯ブラシが雑菌だらけになってしまっている可能性があります。

次に正しい保管方法をご紹介しますので、上記のような保管をされていた方は、これを機に歯ブラシの保管方法を改善しましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部