1. TOP
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんの簡単寝相アート!!写真のセンスがなくても大丈夫!

赤ちゃんの簡単寝相アート!!写真のセンスがなくても大丈夫!

子育て
この記事は約 15 分で読めます。 7,237 Views
Sponsored Link

見出し

【絶対かわいい!ベビーアートに挑戦】センスのない私でも素敵に撮れました!


それでは早速、ベビーアートを撮影する際のコツを見ていきましょう!

これらをおさえておけば、スマホのカメラでも、十分素敵な写真を撮ることができます。

初心者でも挑戦しやすいオススメのデザインもご紹介いたします。

自宅でやるベビーアートのコツ

背景を整理する

非日常な空間を演出するため、内装や家具が写りこまないようにします。背景に無地のシーツやピンク・ブルーの布地を使うと良いです。

明るいところで撮影する

ベビーアートをきれいに見せるためには、なるべく赤ちゃんが寝ている真上から撮るのがおすすめです。

しかし、室内の照明だと自分の影が写ってしまうので、太陽光が入る明るい部屋で撮影するのが良いでしょう。

直射日光だと影が強く出てしまうことがあるので、薄いカーテン越しがベストです。

事前に準備する

前もって背景や小物を用意して、子どもが寝付いたタイミングを見計らって撮影するようにしてください。

起きているときに撮影する場合も、機嫌が良いタイミングで撮りたいので、やはり事前準備は欠かせません。

まずはカンタン 「Baby Mugging」


「Baby Mugging」とは、遠近法を使って、まるで赤ちゃんがマグカップに入っているかのような構図で撮影したもの。

撮影するときにあまり手前にカップを持って来すぎると、オートフォーカス機能によってカップのみにピントが合って、赤ちゃんがピンボケしてしまうことも。

そんなときはカップとカメラの距離を離すようにすると、赤ちゃんとカップの両方にピントが合って、きれいな写真が取れます。

生後の記念日ごとに「おむつアート」


赤ちゃんの隣にオムツを数字の形に並べて撮る方法。

100日記念やハーフバースデーなどの記念日に、「100」「6」などの数字を作って撮影するのがおすすめです。

オムツが外れるまでの期間しか出来ないデザインですので貴重。

後から見たときに、いつ撮ったか分かりやすいのも良いですね。

コスプレ衣装で寝相アートに挑戦


小物をセンス良く配置するのが難しいという人は、写真映えする衣装を用意してもいいでしょう。

写真のためだけに準備するのは勿体無い、という人は、普段も着られるようなものを選ぶと無駄になりません。

アニメなどのキャラクターの衣装や動物の着ぐるみなどがおすすめです。

背景から小物まで丸ごとレンタルできる!

写真用の衣装や背景をレンタルできる専門店もあります。

記念日ごと、季節ごとに衣装やグッズを準備するのはお金も手間もかかって大変なので、レンタルできると助かりますね。

ハロウィンやクリスマスなどの季節行事の際は、お友達も誘ってみんなで撮影会をしても楽しそうです。

最近はベビーアートについての書籍も販売されているので、デザインに迷っている人はそちらも参考にしてみると良いかもしれません。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部