1. TOP
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんをお風呂に入れる時間はどのくらいがいいの??入れ時間帯は?

赤ちゃんをお風呂に入れる時間はどのくらいがいいの??入れ時間帯は?

子育て
この記事は約 13 分で読めます。 963 Views
Sponsored Link

赤ちゃんの入浴時間と適切な温度は?ひとりで入れるときの注意点と慌てない工夫

沐浴はいつまで?いつから一緒にお風呂に入れる?

生まれて間もない赤ちゃんは抵抗力が弱く、雑菌に感染してしまう可能性があるので、大人と同じ湯船にはいれずに、ベビーバスなどで沐浴をします。1ヶ月健診が終わって、問題がなければ、そこからお風呂デビューしてOKです。

赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点

お湯の温度

夏場は38~39℃、冬場は40度くらいが丁度良いといわれています。赤ちゃんは肌が敏感で弱いので、大人がぬるめと感じるぐらいにしてください。温度計があると良いですね。

事故防止のため、赤ちゃんが入っているときに追い炊き機能を使うのは避けましょう。

 

 

入浴時間

体温の高い赤ちゃんはのぼせやすいので、湯船につかる時間は2~3分、身体や頭を洗う時間を入れて、全体で10~15分になるようにしましょう。

脱衣所の温度

意外と見落としがちなのが脱衣所の温度。特に冬は寒くて湯冷めしてしまうこともあります。お風呂場の蒸気で脱衣室を温めておくなど、工夫してください。

入浴後の水分補給

入浴時間が短くても、水分補給は必要です。お風呂から上がったらすぐに飲ませられるように、入浴前にミルクなどを用意しておくと良いでしょう。いつもより少し熱めのお湯で作れば、お風呂から出たときに冷めて丁度良い温度になります。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る時の手順

1.準備

入浴後にバタバタしないために、お風呂に入る前に必要なものをしっかり準備します。

バスタオルの上に赤ちゃんの着替えとおむつを開いてセットして、その上に赤ちゃんの濡れた身体を拭くタオルを重ねておくと、入浴後にサッと着せやすいですよ。

お風呂あがりのミルクや保湿クリーム、綿棒なども事前に用意しておきましょう。

2.ママの身体や髪を洗う

1.で準備した着替えの上のタオルに赤ちゃんを寝かせ、先にママが身体や髪を洗います。

赤ちゃんは冬場は服をきたまま、夏場はおむつ1枚でも良いでしょう。

ママが洗っている間はお風呂場の扉を少しあけて、顔が見える状態にしておいてください。

3.赤ちゃんの身体や髪を洗う

ママが洗い終わったら赤ちゃんの服を脱がせ、お風呂場に入れます。

ママの太ももの上で首を支えて仰向けに抱っこし、もう片方の手で顔から首、お腹、手足、背中の順番で洗って行きます。

泡で出てくるタイプのベビーソープを使えば、わざわざ泡立てる必要がないので片手でも楽に洗えますよ。

赤ちゃんのデリケートの肌を傷つけないように、スポンジやタオルは使わず、ママの手もしくはガーゼを使って洗いましょう。

抱っこで洗うのが難しい場合は、お風呂用マットの上に寝かせて洗ってあげます。

4.湯船につかる

湯船につかるときは滑らないようにしっかり抱っこして、足からゆっくりお湯に入れるようにしてください。

つかっている間は赤ちゃんをゆっくり触ってあげてスキンシップしましょう。湯船につかる時間は2~3分ぐらいです。

5.お手入れと着替え

お風呂から上がったら、用意しておいたタオルの上に赤ちゃんを寝かせて素早く水気を取ります。

その後ベビークリームなどで乾燥対策をしてからおむつと服を着せます。

ママが服を着ている時間がない場合は、すぐに羽織れる大人用のバスローブがあると便利です。服を着せたあとはミルクなどで水分補給も忘れずに。

お風呂の時間を全体で10~15分に収めるのは結構大変です。

準備をしっかりして、毎回同じ手順で入れるようにすると、だんだん短い時間でスムーズに出来るようになってきますよ。

赤ちゃんの体調がよくないときには無理に入浴させず、お湯でしぼったタオルで身体を拭いてあげるだけで大丈夫です。

汚れがたまりやすい首や手のシワ部分、お尻周りは特に念入りに拭いてあげてください。

入浴中にあると便利なグッズ

ベビーチェア

お風呂の中で使えるベビーチェアは、赤ちゃんがお座りができるようになる6~7ヶ月頃から使うことができます。

ママが身体を洗っている間、脱衣所に寝かせておくと泣いてしまう赤ちゃんでも、お風呂場の中でママの近くで座っていると、おとなしく待っていることができる子も多いです。

お尻のあたりにお湯がたまって温かいので、風邪をひく心配もありません。使い終わったら干して乾かしましょう。

<おすすめ商品>

リッチェル Richell ふかふかベビーチェアR

¥1,882〜(2018/07/04 時点)

バスチェア

ベビーチェアにさらにリクライニング機能がついたものです。首がすわっていなくても寝かせて使うことができますし、髪を洗うときにも便利。

おすわりができる年齢になったら椅子として使えば良いので、長期にわたって使用できます。

<おすすめ商品>

  • はじめてのお風呂から使えるバスチェア アップリカ Aprica
  • ¥3,980〜(2018/07/04 時点)

浮き輪

赤ちゃんの首に装着する浮き輪で、湯船でぷかぷか浮かせて遊ばせることができます。

バランス感覚を鍛えたり、水への恐怖心をなくすトレーニングにもなると、スポーツ知育用具としても人気です。

万が一、赤ちゃんが苦しがったり、泣いて嫌がるようなら、すぐに使用を中止してください。

<おすすめ商品>

Swimava スイマーバ うきわ首リング

¥3,240〜(2018/07/04 時点)

amazonで購入する

温度計

赤ちゃんにとっての適温と大人にとっての適温は違うため、温度調節が難しいという人には、温度計の使用がおすすめです。

赤ちゃんにとっての適温が一目で分かるマークつきのものも販売されています。

<おすすめ商品>

パパジーノ 湯温計 ルーム&バスサーモメーター(デジタル式) みつばち

¥982〜(2018/07/04 時点)

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんをお風呂に入れる時間は、就寝2時間前だと寝つきがよくなるのでオススメですが、パパママのお仕事の時間が遅いときや、上の子がいるときには難しいことも多いと思います。

あまりこだわりすぎる必要はなく、親子で入浴タイムを楽しめるとよいですね。

要領よく赤ちゃんを入浴させるには事前の準備も大切です。最初は上手くいかなくても、繰り返しているうちに自分なりのペースがつかめてくると思いますので、頑張ってください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部