1. TOP
  2. 子育て
  3. いちご好き家族にはたまらない!家族で楽しめる関東のイチゴ狩りスポットをご紹介!

いちご好き家族にはたまらない!家族で楽しめる関東のイチゴ狩りスポットをご紹介!

子育て
この記事は約 18 分で読めます。 1,751 Views
Sponsored Link

関東のいちご狩りの時期は?おいしいいちごを見分けるポイントをご紹介!

いちご狩りに行く前に!ここだけはチェック!

一般的にいちご狩りのシーズンは2月~6月くらいと言われていますが、いちごの種類や農園によって開始日や終了日が異なります。

また、例年実施している期間中であっても来場者が多くていちごがなくなっていたりする場合や、農園によっては要予約のところもありますので、行く場合には必ず、農園のホームページをチェックするか、電話で確認してから出かけるようにしましょう。

おいしいいちごの見分け方は?

以下の3点をポイントにしてください。

  • 【ヘタ】緑が濃く、元気で反っているもの。
  • 【種】種を覆うように実が盛り上がっているもの。
  • 【色】表面に光沢があって、ヘタのところまで真っ赤なもの。

いちご農園についたら、まずは園内をひとまわり見て回りましょう。

入口付近などではなく、ハウスの真ん中より奥で、完熟したいちごを厳選して食べるのがコツです。

小さくても、不格好でも、ヘタのところまで真っ赤に熟れた完熟のいちごを探しましょう。

根元がまだ白い大玉に惑わされないように。いちご狩りは制限時間が設けられていることがほとんどですので、できればおいしいいちごだけを食べたいですよね。

上記のポイントを守って、甘くておいしい完熟いちごを探すようにしてください。

いちご好きにはたまらない!関東のイチゴ狩り人気スポット

神奈川県のおすすめいちご農園

横須賀市「津久井浜観光農園」

14もの農家が集まる神奈川県の巨大なイチゴ農園です。摘める品種が農園によって違っているので、その日の状況に応じてベストなハウスに案内されます。

農園のイチゴを使った無添加の手作りジャムも人気です。

温暖な三浦半島の気候で栽培された、真っ赤に熟したイチゴは甘味もコクも格別ですよ。

30分間食べ放題なので、思う存分楽しみましょう。

基本情報
  • 住所:神奈川県横須賀市津久井5-15-20
  • アクセス:
  • 電話番号:046-849-4506
  • 開催期間:2018年1月1日~5月5日
  • 営業時間:午前9時~午後3時
  • 予約方法:お出かけ前にいちごカレンダーや現地案内所でご確認ください。
  • 料金(30分食べ放題):
    1月1~5日1900円
    1月6日~2月末1700円
    3月1500円
    4月1日~5月5日1200円
    ※現地案内所にて「入園券」をお求めください。(3歳以上)
  • 公式サイト:https://www.jakanagawa.gr.jp/kn5128/kanko/itigo.html

横須賀市「いちごはうす嘉山農園」

有機質肥料を使用した土耕栽培で育てられたイチゴを味わうことができます。

栄養が豊富な土によって、いちごにコクのある甘味とさわやかな酸味が現れ、有名洋菓子店のパティシエも指名買いするというほどの絶品いちごに。

品種はとちおとめと紅ほっぺ。園内のイチゴを使用した手作りのイチゴ大福(2個340円、3個500円)は人気商品なので予約必須です。

基本情報
  • 住所:神奈川県横須賀市長井1-12-28
  • アクセス:京浜急行三崎口駅から京急バス(横須賀駅行き、市民病院行き、長井行き、荒崎行き)に乗り約10分 小根岸下車徒歩3分
  • 電話番号:090-3237-1583
  • 開催期間:1月上旬~6月上旬(イチゴがなくなり次第終了予定)
  • 営業時間:10:00~なくなり次第終了(最終受付16:00)
  • 予約方法:要予約 ※電話予約優先
  • 料金(30分食べ放題):
    1月上旬~2月28日:大人 1,700円、2歳 500円
    3月1日~3月31日:大人 1,600円、2歳 500円
    4月1日~5月8日:大人 1,300円、2歳 500円
    5月9日~5月31日:大人 1,000円、2歳 500円
    6月1日~閉園:大人 800円、2歳 500円

横須賀市「いちごはうす西脇」

子供の目線と同じ高さ90cmの高設栽培でいちごを育てているので、摘む際に足腰に負担をかけずに済みます。

車椅子や高齢者の方でも安心。

また減農薬でいちごを栽培しているので、小さい子どもにも安心して食べさせることができます。

栽培しているのは、みずみずしく糖度の高い「紅ほっぺ」「さちのか」「とちおとめ」の3種。

練乳はおかわり自由です。

長沢駅から徒歩で来園できるアクセスの良さも人気の秘密です。

基本情報
  • 住所:神奈川県横須賀市津久井5-6-4
  • アクセス:京急久里浜線京急長沢駅から徒歩12分
  • 電話番号:046-848-2548
  • 開催期間:2018年1月上旬~5月下旬
  • 営業時間:9:00~なくなり次第終了(最終受付15:00)
  • 予約方法:電話 ※予約優先(平日は要確認、25名以上の団体は要予約)
  • 料金(30分食べ放題):
    1月上旬~4月5日:大人(小学生以上)1700円、3歳~未就学児1300円、2歳500円
    4月6日~5月5日:大人(小学生以上)1300円、3歳~未就学児900円、2歳500円
    5月6日~下旬:大人(小学生以上)1100円、3歳~未就学児500円、2歳500円
  • 公式サイト:https://ichigo-nishiwaki.jimdo.com/

伊勢原市「川島いちご園」

有機肥料を100%使った栽培方法で育てた、旨味と香り、甘味が強いいちごが味わえます。

園内では全部で5種類のいちごを育てていて、土耕栽培では「とちおとめ」と「さちのか」、高設栽培では「紅ほっぺ」「おいCベリー」「レッドパール」と、それぞれ育てる品種が異なり、いちごの生育状況によって、当日に収穫できる場所が決まります。

基本情報
  • 住所:神奈川県伊勢原市小稲葉969
  • アクセス:小田急伊勢原駅からバスで新屋下車、徒歩1分
  • 電話番号:0463-95-1877
  • 開催期間:2018年1月中旬~5月下旬
  • 営業時間:10:00~なくなり次第終了(最終受付15:00)
  • 予約方法:予約不要
  • 料金(30分食べ放題):
    1月~4月上旬1700円
    4月中旬以降は要問合せ
    高設に関しては+100円

鎌倉市「鎌倉観光いちご園」

800坪もの敷地で水耕棚栽培を使って育てられたイチゴが食べられます。

地面から80cmの高さに実があるので大人も子どもも摘み取りやすく、ファミリーに人気があります。

注目は鎌倉観光いちご園のオリジナルブランドである「紅静」。

甘くてジューシーです。

ここでしか食べられないいちごですので、ぜひ味わってみてください。

基本情報
  • 住所:神奈川県鎌倉市笛田2丁目11−33
  • アクセス:湘南モノレール湘南深沢駅から徒歩10分
  • 電話番号:0467-31-5339
  • 開催期間:2017年12月中旬~2018年5月上旬(3月以降は要問合せ)
  • 営業時間:10:00~なくなり次第終了(最終受付15:00)
  • 予約方法:予約制ではありません。
  • 料金(30分食べ放題):
  • 大人(小学生以上)1500~2000円、小学生未満1000~1300円、1歳未満無料
    ※季節により異なる
  • 公式サイト:http://kamakura15.com/

秦野市「ファームスクエア丹沢の森」

全国名水百選にも選ばれた秦野の名水を使用して、いちごを育てています。

なんといちごにクラシック音楽を聴かせながら、高設栽培でじっくり生育しているとのこと。

クラシックを聴かせることで、イチゴのストレスを減らし、濃い味わいに育つそうです。

もちろん、いちご狩りも、クラシック音楽を聴きながら優雅に楽しむことができます。

県内ではまだ珍しい「かおりの」や人気の「紅ほっぺ」「あきひめ」「おいCベリー」といった品種が食べられます。

基本情報
  • 住所:神奈川県秦野市堀西1328
  • アクセス:小田急渋沢駅からバスで八幡神社下車、徒歩3分
  • 電話番号:080-2098-4452
  • 開催期間:2018年1月初旬~5月下旬
  • 営業時間:9:30~なくなり次第終了
  • 予約方法:HP ※要予約
  • 料金(30分食べ放題):
  • オープン~2月28日:大人(小学生以上)1800円、幼児(3歳~未就学児)1100円
    3月1日~4月10日:大人1600円、幼児900円
    4月11日~GW最終日:大人1400円、幼児800円
    GW終了後~閉園:大人800円、幼児500円
  • 公式サイト:http://farmsq.net/

平塚市「杉山いちご園」

神奈川県平塚市にある「杉山いちご園」では、紅ほっぺやおいCベリーなどの食べ比べができるのが魅力です。

よつぼしやあまおとめといった新しい品種も栽培しているそうです。

高設栽培でハウスも広いので、車イスやベビーカーなどでも気軽にイチゴ狩りが楽しめますよ。

紅ほっぺ、おいCベリー、やよいひめ、とちおとめ、桃薫、よつぼし、あまおとめ、レッドパールと多種類のイチゴ狩りが楽しめます。

食べ放題は30分間です。

基本情報
  • 住所:神奈川県平塚市小鍋島1172
  • アクセス: JR平塚駅北口バスターミナル7番、城島経由伊勢原駅行きバス城島小学校前下車
  • 電話番号:0463-55-0265
  • 開催期間: 1月上旬~5月中旬
  • 営業時間:10:00~なくなり次第終了(最終受付15:00)
  • 予約方法:電話
  • 料金(30分食べ放題):
    1月上旬~4月7日:大人1,700円、2歳~未就学児童900円
    4月8日~5月上旬:大人1,200円、2歳~未就学児童700円
    ※以降の料金は要問い合わせ
  • 公式サイト:http://ichigo-gari.jp/

平塚市「おおぱぱの苺や」

水耕式・土耕式の2つの温室があり、最近では珍しくなった「女峰」をはじめ「あきひめ」「紅ほっぺ」「やよいひめ」「さちのか」といった5種類のイチゴを栽培しています。

温室は両方とも立ったままで摘み取りができる立体式なので、手足を汚すこともなく、果実も土に触れることがないのでとっても衛生的。

お子様連れでも安心です。

基本情報
  • 住所:神奈川県平塚市根坂間124
  • アクセス:JR平塚駅北口から神奈中バス高村団地行きに乗り勝原小学校前下車徒歩8分
  • 電話番号:090-8582-1583
  • 開催期間:1月上旬~6月中旬
  • 営業時間:10:00~14:00(最終受付)
  • 予約方法:HP ※完全予約制
  • 料金(30分食べ放題):
    1月上旬~2月28日:大人(小学生以上)1,700円/幼児(2歳以上)1,300円
    3月1日~6月中旬:大人(小学生以上)1,500円/幼児(2歳以上)1,000円
    ※2歳未満無料
  • 公式サイト:http://www.1583.jp/

厚木市「杉山潔いちご園」

米ぬかなどの発酵有機肥料を使用するなど、土に対してこだわっているいちご園です。

栄養をたっぷり含んだ昔ながらの土耕栽培で育ったイチゴは、柔らかな果肉と濃厚な甘味が特徴的。

「あきひめ紅」「ほっぺ」「やよいひめ」の3つの品種が楽しめます。

基本情報
  • 住所:神奈川県厚木市戸田1826前
  • アクセス:小田急線本厚木駅南口からバスで下戸田下車、徒歩5分
  • 電話:090-4967-3966
  • 開催期間:1月上旬~5月下旬
  • 営業時間:10:00~なくなり次第終了
  • 料金(30分食べ放題):
    1月上旬~3月31日:大人1600円、5歳以下800円、
    4月1日~5月9日:大人1400円、5歳以下700円、
    5月10日~:大人1200円、5歳以下600円

海老名市「ストロベリーハウス」

こちらの農園では、いちごが完熟している状態で収穫体験をしてほしいとの思いから、開催日を限定しています。

オリジナル配合の肥料を使って栽培されるイチゴは色も濃く甘味も豊か。リピーターが多いのが、いちごの品質の良さを示しています。

収穫体験が出来るのは、「あきひめ」「紅ほっぺ」「おいCベリー」「やよいひめ」の4種類。6月中旬までいちご狩りが楽しめるので、他の農園でタイミングを逃してしまった人にもおすすめです。

基本情報
  • 住所:神奈川県海老名市中河内1120
  • アクセス:小田急小田原線海老名駅から神奈中バス長後行きに乗り約10分 上河内下車徒歩7分
  • 電話:046-238-2750
  • 開催期間:2018年1月7日~6月中旬
  • 営業時間:10:00~なくなり次第終了
  • 時間:30分/食べ放題
  • 料金(30分食べ放題):
    1~3月:大人(中学生以上)1800円、小人(3歳~小学生)1400円
    4月~5月6日:大人1400円、小人1200円
    5月12日~6月中旬:大人1000円、小人800円
    ※4月以降団体割引(15名以上)あり
  • 公式サイト:http://strawberryhouse-ebina.com/

埼玉県のおすすめいちご農園

越谷市「越谷いちごタウン」

越谷市が整備した8棟のビニールハウスといちご栽培設備を、市内のいちご生産者4軒が借り受けて開園した、関東最大規模の観光農園です。都心から近いので電車や車で気軽に行くことができます。

イチゴの品種は、紅ほっぺ・章姫・かおり野・彩のかおりなど。約64,000株を栽培しています。

他の施設より長めの、45分間食べ放題なので、いろいろな品種をゆっくり食べ比べることができます。

基本情報
  • 住所:埼玉県越谷市増森一丁目41番地
  • アクセス:越谷駅東口から増林地区センター行きバス15分 終点下車 徒歩5分
  • 電話:048-965-1514
  • 開催期間:2018年1月3日~5月31日
  • 営業時間:9:00~15:00
  • 予約方法:インターネット ※予約は、1ヶ月前から入園時間の3時間前まで
  • 料金(45分食べ放題):
    1月3日~4月8日:大人(小学生以上)2100円、小人(3歳以上)1200円
    4月10日~終了:大人(小学生以上)1600円、小人(3歳以上)1000円
  • 公式サイト:http://ichigo-town.com/

久喜市「JA南彩菖蒲グリーンセンター」

菖蒲町は、いちごの生産量が県内有数を誇る産地だそうです。

グリーンセンター内ではその日採れたいちごの直売も行っています。

通常はグリーンセンターのすぐ裏にあるハウスでいちご狩りを行います。

高設栽培のハウスが2棟あり、太陽をたっぷり浴びた甘くて大粒のとちおとめ、やよいひめが味わえます。

土・日・祝など混み合うときには、近隣にある4軒の契約イチゴ農家までマイクロバス送迎で向かい、そこでの食べ放題になることもあるそうです。

基本情報
  • 住所:埼玉県久喜市菖蒲町小林227
  • アクセス:JR桶川駅東口から朝日バス菖蒲車庫行きに乗り約20分 農協直売センター食堂前下車徒歩1分
  • 電話:0480-85-4444
  • 開催期間:1月上旬~5月下旬
  • 営業時間:9:30~15:00
  • 予約方法:予約不要 ※団体(25名以上)要予約
  • 料金(30分食べ放題):
    1月上旬~3月:一般(小学生以上)1,400円/子供(3歳以上)1,100円
    4月:一般(小学生以上)1,200円/子供(3歳以上)1,000円
    5月:一般(小学生以上)1,000円/子供(3歳以上)800円
    ※3歳未満は無料
  • 公式サイト:http://www.ja-nansai.or.jp/store/05.html

さいたま市「美園いちごランド」

こちらの農園では、地面にいちごが触れることのないベンチ式の栽培方法を採用しているので、通路よりも高い位置にいちごが実ります。

衛生的ですし、立ったままでも狩りやすいのがうれしいですね。

美園いちごランドにしかないオリジナル品種「レイベリー」を含む、3種類のいちごが楽しめます。

公式サイトにいちごの実り状況が随時アップされていますので、農園を訪れる前にチェックすることができます。

基本情報
  • 住所:埼玉県さいたま市緑区大字間宮872
  • アクセス:JR浦和駅から国際興行バス東川口駅北口行きまたは尾間木経由浦和美園駅行きで約18分、大崎園芸植物園下車、徒歩5分
  • 電話:048-826-6360
  • 開催期間:1月4日~6月22日
  • 営業時間:10:00~15:00(受付は9:00~14:30)
  • 予約方法:予約不要
  • 料金(30分食べ放題):
    1月:一般(小学生以上) 2,000円/子供(2~5歳) 1,500円
    2月1日~5月8日:一般(小学生以上) 1,500円/子供(2~5歳) 1,000円
    5月9日〜6月1日:一般(小学生以上) 1,200円/子供(2~5歳) 800円
    6月2日〜6月22日:一般(小学生以上) 1,000円/子供(2~5歳) 500円
  • 公式サイト:http://www.misono-ichigoland.com/

富士見市「ふじみストロベリー」

埼玉県・ふじみ野駅の近くの静かな住宅街にあります。

駅から徒歩圏にあり、池袋からも電車で25分と交通の便がよいので、気軽に行くことができます。

甘みと酸味のバランスが良い「べにほっぺ」と酸味が少なくみずみずしい「あきひめ」の2種類が食べ放題です。高設栽培で作られているので採りやすいという点も良いですね。

殺菌灯などを使ってより安全ないちご作りにも取り組んでいます。

基本情報
  • 住所:埼玉県富士見市勝瀬1083
  • アクセス:東武東上線ふじみ野駅から徒歩15分
  • 電話:080-4125-0283
  • 開催期間:2018年1~6月
  • 営業時間:9:30~15:00※イチゴがなくなり次第終了
  • 予約方法:予約不可、先着順の受付
  • 料金(30分食べ放題):
    小学生以上1,000~2,000円/2歳~未就学児600~1,500円
    ※料金は時期により異なるので、来園前に公式サイトを要確認
  • 公式サイト:http://www.geocities.jp/fujimi_strawberry/index.html

千葉県のおすすめいちご農園

館山市「館山いちご狩りセンター」

館山は年間を通じて暖かい気候のため、春の味覚が他の地域よりも一足早く楽しめます人気スポットで、入園に制限がかかる場合がありますので、お出かけ前にHPの情報をチェックしてから行きましょう。

酸味と甘みのバランスの取れた「紅ほっぺ」や酸味が低く実が柔らかい「章姫」などが食べられます。

その他の品種もありますので、入園した際に聞いてみてください。

基本情報
  • 住所:千葉県館山市山本257-3
  • アクセス:JR内房線館山駅東口を出て、バス・タクシーで10分(バスは、日東バス館山千倉線もしくは館山鴨川線)
  • 電話:0470-22-3466
  • 開催期間:2018年1月2日~5月6日
  • 営業時間:9:00~15:00
  • 予約方法:入園は先着順
  • 料金(30分):
    1月2~8日:大人(6歳以上)1800円、3~5歳1600円
    1月9日~4月8日:大人1600円、3~5歳1400円
    4月9日~5月6日:大人1200円、3~5歳1000円
  • 公式サイト:http://www.f5.dion.ne.jp/~t-ichigo/Index_PC.htm

君津市「高橋いちご園」

三島湖湖畔にある農園で、ゆったりした気分でイチゴ狩りを楽しむことができます。

巨大サイズで知られるアイベリーをいう品種を、有機肥料を使って、土耕栽培で栽培しています。

土耕栽培で育てたアイベリーは小粒の物も大粒と変わらないおいしさで、香りがよく、糖度も高めで甘酸のバランスがほどよく取れています。

低農薬だというのも嬉しいですね。

直売所も兼ねているので、お土産用のイチゴも購入することができます。食べ放題で足りなかった方はぜひ。

基本情報
  • 住所:千葉県君津市正木193
  • アクセス:JR君津駅からバスに乗り約50分 三島湖下車徒歩1分
  • 電話:0439-38-2207
  • 開催期間:2018年1月中旬~5月中旬
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 予約方法:HP、電話、FAX
  • 料金(30分食べ放題):
    1月15日~4月1日:1600円
    4月2日~5月6日:1200円
    5月7日~5月中旬:1000円
    ※2~3歳は半額
  • 公式サイト:https://takahashiichigo.jimdo.com/

栃木県のおすすめいちご農園

小山市「いちごの里 湯本農場」

「いちごの里」は、いちご狩りをはじめとするフルーツ狩りやさまざまな体験ができる観光農園です。

「スカイベリー」「とちおとめ」「とちひめ」の3種類のなかから選んで30分間イチゴ狩りを楽しめます。

ビュッフェ形式のイタリアンレストランやいちごのスイーツが楽しめるカフェ、果実がたっぷり入ったジェラート屋さんも併設されています。

季節のフルーツを使ったスイーツを販売するお店もあり、お土産用に買って帰ることもできます。

基本情報
  • 住所:栃木県小山市大川島408
  • アクセス:JR小山駅西口よりタクシーで約15分
  • 電話:0285-33-1070
  • 開催期間:2017年12月中旬~2018年5月中旬
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 予約方法:電話。完全予約制
  • 料金(30分食べ放題):
    とちおとめ 1,000円〜1,700円
    スカイベリー 1,500円〜2,000円
    とちひめ 1,600円〜1,700円
    ※時期によって異なります
  • 公式サイト:http://www.itigo.co.jp/

まとめ

いかがでしたか?関東は意外にもいちご農園が多く、都内からアクセスしやすいスポットもたくさんあります。

子どもの身長に配慮した高さでいちごを摘める農園や、低農薬・有機肥料にこだわっている農園などもあり、子ども連れでも安心して行くことができますね。

おいしいいちごを選ぶポイントも忘れないようにしてください。

自分達で収穫した甘くておいしいいちごを食べれば、家族での楽しい思い出にもなりますよ。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部