1. TOP
  2. 子育て
  3. 子供のしつけがうまくいく「褒める魔法の言葉」効果的な褒め方と実践方法。ダメな褒め方とは?

子供のしつけがうまくいく「褒める魔法の言葉」効果的な褒め方と実践方法。ダメな褒め方とは?

子育て
この記事は約 6 分で読めます。 2,396 Views
Sponsored Link

褒めることで子供に得られる効果とは

褒めることで子供に得られる2つの効果

  • 褒めることで自信がつく
  • 行動力が生まれる

褒めることで自信がつく

褒めることは、最も重要であり、叱ることよりも大切なものです。

褒めることが勧められている理由の1つとして、

子供に自信を与えること

これができる、という点にあります。一番身近な存在である親に褒められることで、自信を持つことができます。

どうして自身を与えることが大切なのだと思いますか?

それは、人が生きていく上で重要なことは、挑戦だからです。

人が大人になるためには、様々な失敗を繰り返して、それに気づき、成長しているのではないでしょうか?

自身を生み出すのに、大切なこと。

それは、「挑戦するという志し」なのです。

そして、子供は自分のやっていることに自信を持って取り組むことが出来るようになっていくのです。

行動力が生まれる

自己肯定感が高い人は、自信がつくので、仕事や恋愛など、何ごとにも果敢にチャレンジする精神力や勇気が養われるようになります。

逆に、自己肯定感が低い人は、行動する前から諦めてしまうような、習慣がついてしまうのです。

人に喜んでもられるという行動は、自分の好奇心を育み、そのために頑張れるのが人間です。

人は自分のためにできることは限られますが、人のためにできることは、人類の人の数だけあるのです。

だからこそ、子供が感じる喜びの数だけ行動力に変化するのです。

まとめ

子供は、とても感受性が豊かです。

親がしている何気ない会話やしぐさ、独り言、そして真似てほしくない行動を見て、知らず知らずのうちにそれを真似て生きて、日々成長しています。

子供は親の小さな姿なのです。

やって良いこと悪いことに分別がつかない今、きちんとその良し悪しを付けてあげるためには、大人の一言がとても重要なのです。

親がきちんと伝えなくては、成長はありません。

しかも、その伝え方が良くなければ、子供の成長において間違った方向性を生む可能性がうまれるかもわかりません。

だからこそ、子供の褒め方や叱り方は、子供の成長に大きく関わりがあることを親自身がしっかりと理解することが重要です。

親に見てもらえていることこそ、子供の生きがいである場合もあるのです。

親が子供を育てるためには、親も子育てに関する褒め方や叱り方をしっかり学習し、多くの経験と知識を育む必要性があるのではないでしょうか。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部