1. TOP
  2. 出産/妊娠
  3. ブラジル式産み分けカレンダーってなに?ホントに当たるの??

ブラジル式産み分けカレンダーってなに?ホントに当たるの??

出産/妊娠
この記事は約 7 分で読めます。 2,884 Views
Sponsored Link

ブラジル式産み分けカレンダーってなに?本当に当たるの?

ブラジル式産み分けカレンダーとは

生まれてくる赤ちゃんの性別を占うために用いられるもので、妊娠したときの母親の年齢と受胎月とで占います。

最近では男女どちらかの赤ちゃんを強く希望する人が、希望する性別の子を妊娠する確率を少しでも上げるためにこちらのカレンダーを参考にすることも多いそうです。

カレンダーの起源などについては、ブラジルで生まれたこと以外分かっていませんが、現在はアメリカなどの周辺国でも使われています。

ブラジル式産み分けカレンダーの使い方

縦軸を年齢、横軸を受胎月として見ます。母親が妊娠したときの年齢と実際に赤ちゃんを受胎したとされる月(まだの場合は妊娠予定月)が交わるマスの色に注目してください。

マスの色が水色だと男の子、ピンク色だと女の子が生まれてくるといわれています。

実際の画像は以下のURLにアクセスして見てください。

http://www.strlog.com/calendar/brazil.html

中国式産み分けカレンダーとの違い

縦軸に年齢、横軸に受胎月が書かれ、交わるマスの色で赤ちゃんの性別を判断する、という基本的な使い方は同じですが、中国式の場合はカレンダーを数え年と旧暦で見なければならないため、年齢と受胎月を計算しなおす必要があります。

ブラジル式は満年齢と新暦で記されているため、現在のカレンダーのまま、簡単に見られるのがメリットです。

ブラジル式産み分けカレンダーが当たる確率

実際にブラジル式産み分けカレンダーに記されたとおりの性別の子が産まれる確率は、約85%といわれています。

一般的に男女の生まれる確率がそれぞれ約50%だとすると、結構な高確率ですよね。

ちなみに中国式産み分けカレンダーが当たる確率は90%だといわれていますので、より高確率での産み分けを狙う方は中国式、旧暦や数え年などの計算が面倒な方はブラジル式を利用すると良いのではないでしょうか。

ブラジル式産み分けカレンダーを参考にするデメリット

ブラジル式産み分けカレンダーを参考にする場合、希望する赤ちゃんの性別に合致しないときは性交をしない、という選択をすることになりますので、妊娠自体をする確率が低くなる、というデメリットがあります。

性別の希望よりもまずは妊娠することを優先させたい場合には、産み分けカレンダーの利用は考えたほうが良いでしょう。


中国式もブラジル式も出生記録の統計を元に作られており、今では占い的な要素も強いと考えられています。

100%当たるものではありませんが、何もしないよりは希望する性別の赤ちゃんを授かる確率を上げられるでしょう。

ただしこちらのカレンダーを利用すると妊娠をする確率は減ってしまいますので、よく考えて利用するようにしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部