1. TOP
  2. 出産/妊娠
  3. 【初節句】お祝いで準備するものとは?男の子編女の子編徹底解説

【初節句】お祝いで準備するものとは?男の子編女の子編徹底解説

出産/妊娠
この記事は約 13 分で読めます。 4,247 Views
Sponsored Link

初節句に何をする?男の子の祝い方とは


まずは男の子の初節句についてです。

男の子の場合は生まれてはじめての端午の節句、5月5日にお祝いをします。

そもそも節句というのは季節の変わり目に無病息災や子孫繁栄を願って神様にお供え物をしたり、お祓いなどの行事を行っていたもので、現代にも5つほどの節句が残っています。

端午の「端」は物事の切れ目や始まりという意味があり、「午」は最初丑の日をあらわしていたのですが、その後数字の5とかけて5日に祝うようになり、中でも数字が重なる5月5日を端午の節句と呼ぶようになりました。

端午の節句には鎧や兜、こいのぼりなどを家に飾り、ちまきや柏餅を食べ、地域によっては菖蒲の花を浮かべた風呂に入ったりします。

鎧や兜は戦いの中で身を守ってくれることから、厄除けや守り神といった意味をこめて家に飾ります。

こいのぼりを飾るのは、滝をのぼる鯉のようにどんな環境にも耐えうる立派な人になってほしい、威勢よく働いて出世してほしいという願いがこめられているほか、神様の加護を貰うため、男の子の生まれた家庭が目印として立てるようになったとも言われています。

ちまきには厄払い、柏餅には子孫繁栄の意味があり、関西ではちまき、関東では柏餅を端午の節句に食べるのが定番となっていますが、最近では両方を用意する家庭も増えてきています。

端午の節句は「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも呼ばれ、香りが強く薬効効果のある菖蒲の花を用意して、無病息災を願います。

地域によって異なりますが、玄関に花を飾ったり、風呂に浮かべたり、枕の下に敷いて寝たりします。

男の子の鎧や兜は誰が買う?初節句で悩むしきたりとは


多くのご両親が悩まれるのが、鎧や兜、こいのぼりなどの飾りを誰が買うかということ。

昔は母方の実家から贈られるのが慣わしだったようですが、最近は金銭的な問題や、両家または両親のこだわりもあり、両家で折半したり、現金だけを贈って両親が購入するといったケースも多いようです。

初節句の飾りを飾るのは、一般的には20日~10日ほど前から。

前日や当日に飾る「一夜飾り」は縁起が良くないとされています。

片付けるのは雛人形のように早い方が良いといったことはなく、天気がよくて時間のある日に片付けるようにします。

鎧や兜はホコリを払い柔らかい布で拭いて、防虫剤を入れた箱にしまい、湿気や日光、ホコリの多い場所を避けて保管します。

男の子の兜や飾りは父親や兄弟のお下がりでも大丈夫?

鎧や兜などの飾りは、本人の身代わりとなって厄災を受け止めると言われているので、兄弟がいても、一人一体贈るのが望ましいです。

とは言っても飾るスペースや金銭的な問題、または先祖代々受け継がれている人形がある場合もあり、あまりこだわらないという家庭も多いです。

お役目を果たした飾りはどうするの?

子どもが大きくなったり、新しい人形に買い換える場合には、古い人形は神社やお寺で供養してもらうようにしましょう。

もしくは人形供養の代行サービスにお願いします。

人形には魂が宿るといわれていますので、粗大ゴミなどで捨ててしまうのはあまり良くないとされています。

初節句の料理やお食事会ってどうするの?


初節句には親戚などへの報告も兼ねて、飾りを前に食事会を行います。

その際には、ちまきや柏餅に加えて縁起の良い食べ物を用意します。

後ほど詳しく説明します。

初節句のお返しって?やっぱりしないとマナー違反?

初節句のお祝いをいただいたら、基本的にお返しは必要なく、代わりに前述した食事の席に招待します。

招待しない友人・知人や遠方の親戚には内祝いとして日用品やお菓子などを5月中にお返しするようにします。

金額の目安はいただいたお祝いの1/2~1/3程度。品物といっしょに、お祝いをしたときの写真を添えておくと親戚には喜ばれます。

男の子の初節句に出す料理って?今さら聞けないお祝いの仕方

端午の節句に食べる料理は、ちまきと柏餅が定番ですが、その他は特に決まりがありません。

一般的に縁起の良いとされている食べ物を食べる家庭が多いようです。

ここでは縁起が良いと言われている食べ物の一例をご紹介します。

縁起が良い食べ物一例

海老

長寿の願いがこめられているのと、赤色には厄災を避ける力があるといわれています。

赤飯

小豆に厄除けの効果があるのと、まめに働くように、という意味をこめて。

「めでたい」と掛けて。また鯛の赤色は神様が好む色とされています。

ブリやスズキ

出世魚のように出世してほしいという願いがこめられています。

「勝男」と掛けています。

たけのこ

たけのこのようにまっすぐ元気に育つように、という願いをこめて。

料理は自分で作らなければならないという決まりはなく、買ってきたお惣菜と作った料理を組み合わせても構いませんし、準備をするのが大変であればデリバリーを頼んだり、レストランで外食するのもOKです。

最近はデリバリーやレストランでも初節句用のメニューを出しているところがありますので、ぜひ調べてみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部