1. TOP
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんにベビータイツ、靴下必要??必要な時と不必要な時を徹底解説!

赤ちゃんにベビータイツ、靴下必要??必要な時と不必要な時を徹底解説!

子育て
この記事は約 8 分で読めます。 2,451 Views
Sponsored Link

赤ちゃんに靴下は必要?いつから履かせるの?徹底解説

 

View this post on Instagram

 

Kumiさん(@kuu3158)がシェアした投稿

赤ちゃんに靴下やベビータイツを履かせる必要があるかどうか、履かせるとすればいつ頃から履かせればよいのかを判断するためには、まずは靴下やタイツの役割について知っておく必要があります。

まずは赤ちゃんの靴下やタイツの主な役割を見ていきましょう。

赤ちゃんの靴下の役割とは

1. 寒さを防ぐ

靴下やタイツを履くことで足を寒さから守ることができます。

秋冬などの寒い季節や気温の低い日に外出する場合でも、靴下を履いていると温かく快適に過ごすことができます。

2.汗を吸ってくれる

赤ちゃんは新陳代謝がよく、大人よりも汗をかきやすいといわれています。

でも、ずっと足がべたべたしているのは気持ち悪くて嫌ですよね。靴下やタイツを履くことで、足にかいた汗を吸い取ってもらえます。

3.靴を履くときに靴下を履く

靴を履く年齢になったら、靴下は必須です。なぜなら赤ちゃんの皮膚は薄く、直接靴を履くと靴擦れを起こしてしまうからです。

足を守るため、赤ちゃんが靴を履く場合は必ず靴下やタイツを履かせましょう。

赤ちゃんにとって靴下やタイツは、大きく分けると、1,2のように体温等を調節して快適に過ごす役割と、3のように足を守る役割の2つを持っています。

それぞれの役割についてもう少し詳しく見ていきましょう。まずは体温調節の役割についてです。

赤ちゃんは手足で体温を調節している

赤ちゃんの身体は体温調節が苦手で、汗をかくことによって、体温の調節を行っています。

そのため大人と比べてよく汗をかくのですね。

たまに手足にたくさん汗をかいていたり、手足が冷たくなっていたりして心配になることがありますが、これも体温調節の一環です。赤ちゃんのおなかや背中を触ってみて温かければ問題ありません。

室内では靴下は必要なし

赤ちゃんにとっての適温は、夏場は24~27℃、冬場は22~23℃といわれているので、冬でも温かい室内であれば、靴下やタイツは必要ありません。

足を覆ってしまうと、逆に体温調節が上手くいかなくなって、体温が上がったり脱水症状を起こしやすくなります。

またフローリング床などでは靴下やタイツを履くことで滑りやすくなり、転倒してしまう原因にもなります。

室内が22℃以下のときや赤ちゃんが寒そうにしているときは、部屋全体の温度を上げるようにしてください。

温度計や湿度計があると、エアコンをつける目安になって良いです。

寒い日の外出時に靴下を履かせよう

秋冬の気温が低い日や風が強い日に外出をするときは、赤ちゃんの体温が下がりすぎないように、靴下やタイツで防寒してあげてください。

初めて靴下やタイツを履かせるときはゆっくりと。

指がひっかかったり、変な方向にまがったまま、力任せに履かせたりしないように気をつけてください。

靴擦れや乾燥・怪我などから足を守る

次に足を守る役割についてです。赤ちゃんの足は柔らかく、肌も敏感です。

素足で靴をはくと靴擦れを起こしますし、靴に使われている接着剤などの成分で刺激を受けてしまうこともあります。

また靴の中に入ってきた砂や石で怪我をしてしまう可能性もあります。

これらの要因から足を守るために、靴を履く場合には必ず靴下やタイツを履かせましょう。

赤ちゃんに靴下はいつから履かせる?

以上のことを踏まえると、赤ちゃんに靴下やタイツを履かせるのは、寒い日の外出時や靴を履くときのみで大丈夫です。

逆にそれ以外のときに履かせてしまうと、体温調整の妨げになってしまうので、室内や暑い季節には、できるだけ裸足で過ごさせてあげましょう。

いつから履かせればよいのか、という問題については、赤ちゃんが生まれた季節にもよるので、はっきり何ヶ月後とはいえませんが、生まれて初めての寒い日の外出時、もしくは初めて靴を履くとき、となります。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部