1. TOP
  2. 出産/妊娠
  3. 妊娠前から取っておきたい葉酸|その理由とおすすめの葉酸サプリ

妊娠前から取っておきたい葉酸|その理由とおすすめの葉酸サプリ

出産/妊娠
この記事は約 7 分で読めます。 1,007 Views

妊活中や妊娠中の方なら必ず聞いたことのある「葉酸」。しかし、実際は妊娠を計画した時から妊娠中となぜ葉酸の摂取が必要なのかきちんと把握している人は少ないでしょう。そして、葉酸がどのような食材に含まれていて、1日にどれくらい摂取したらいいのか、補うためにサプリを飲んでも大丈夫なのか気になる方が多いのではないでしょうか。

そこで、葉酸の重要性や含まれている食材、たくさんの種類の中からおすすめの葉酸サプリをご紹介します。

妊娠中に欠かせない栄養素「葉酸」とは?

近年、妊娠期に欠かせない栄養素として葉酸が注目されています。葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種でほうれん草の抽出物から発見されました。大きな働きとしては、赤血球を作って貧血を予防しアミノ酸の合成にかかわることから動脈硬化を予防する、DNAを構成している核酸の代謝にかかわって赤ちゃんの正常な発育を助けるなどがあります。

は赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって必要不可欠な栄養素とされていて、2002年からは母子手帳にも胎児奇形の発生予防のための葉酸の必要性が記載されるようになりました。

葉酸が不足すると、どんな影響が出る?

600shutterstock_89632315
葉酸が不足すると正常な赤血球を作ることが出来ず、悪性の貧血になることもあります。また、胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期(4~12週)に葉酸が不足すると、赤ちゃんの神経系障害の発生リスクが高くなるとも言われています。遺伝物質のDNAは親から子へと代々コピーされ受け継がれています。葉酸はそのDNAが作られるときに働く酵素であり、細胞分裂には不可欠な栄養素です。そのため、葉酸が不足することで細胞分裂の時にDNAのミスコピーを発生させてしまうおそれがあります。
神経系障害というのは、「二分脊椎症」など神経管閉鎖障害のことをいい、妊娠初期に起こる先天異常のひとつです。神経管の上部に閉鎖障害が起きた場合、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ、流産や死産の確率が高くなります。葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害を防ぐことが出来るわけではありませんが、発生リスクを軽減させる方法の一つとして推奨されています。

葉酸は緑黄色野菜やレバーに多く含まれている

600shutterstock_326000687
葉酸が含まれるおもな食品として緑黄色野菜、レバー類、豆類、くだものなどがあげられます。
緑黄色野菜・・・からし菜、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリー、アスパラガス、春菊、大根の葉など
レバー類 ・・・鶏レバー、牛レバー、豚レバーなど(レバーはしっかり加熱し食べすぎには注意しましょう)
豆 類 ・・・ひよこ豆、大豆、小豆、枝豆など
くだもの ・・・アボカド、イチゴ、マンゴー、ライチ、パッションフルーツなど
その他に納豆などが挙げられます。

積極的に摂取するのが望ましいですが、食品から葉酸を摂取するには限界があります。葉酸は水に溶けやすく、熱にも弱い、そして吸収しづらいという性質があります。食品での摂取に加え、補助的にサプリメントを利用することをお勧めします。

葉酸サプリはいつから摂取するのが望ましい?

食品からの摂取もそうですが、サプリでの補助摂取も妊娠前から摂取するのがお勧めです。神経管閉鎖障害は妊娠4~6週の間に作られる中枢神経の基となる器官の異常が原因と言われています。体調に変化に気づき、妊娠したかもと感じる時期になるので、このタイミングから飲み始めるのは実際難しいです。

葉酸サプリを妊活中から積極的に摂取することで、子宮内膜の状態を良くし、着床率の向上に効果があると言われているので妊娠前から摂取し始めることが大切です。葉酸は妊娠初期の神経管閉鎖障害のリスクを下げるだけでなく、貧血を予防する効果もあるため、妊娠期間中お母さんと赤ちゃんの健康を保つためにも出産までは葉酸サプリを摂取することをお勧めします。

葉酸サプリを選ぶ際の大切な4つのポイント

600 shutterstock_15511558

  • 厚生労働省が1日当たり食事にプラスしてサプリ等から摂取すべき葉酸の推奨量は400㎍(0.4mg)が摂取できることです。特に妊娠初期は不足してはいけないので、推奨量の葉酸が摂取できるサプリを選ばなくてはなりません。

 

  • 天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリであることです。ほとんどの葉酸サプリは厚生労働省が推奨する「モノグルタミン酸型」です。野菜や果物や酵母から抽出した食事性葉酸を「モノグルタミン酸型に変換させた葉酸サプリ」「化学成分から合成されたモノグルタミン酸型葉酸サプリ」の2種類があり、当然前者の天然由来のほうが安全性も高く、肝臓や腎臓の負担にもなりません。葉酸サプリは「天然成分から変換されたモノグルタミン酸型の葉酸」を選びましょう。

 

  • ビタミンB12が配合されていることです。ビタミンB12は葉酸と協力関係にある成分です。二つともDNAの合成や細胞分裂の働きを助けるだけでなく、ヘモグロビンを合成してくれるので貧血予防につながります。それと同時に、葉酸を体内で活性型に変換する作用のあるビタミンCや妊娠中に必要なその他のビタミン・ミネラルがバランスよく配合されているサプリを選びましょう。

 

  • 化学合成添加物が無添加であることが重要です。葉酸サプリの中にも食品添加物が多く含まれているものがあります。食品添加物は安全ですが、赤ちゃんのため、そして自分自身のためにもあまり摂取したくないものです。保存料や香料、人工甘味料などが含まれた葉酸サプリを毎日摂取することを考えると、避けたいですよね。購入するときには成分表などを見てなるべく無添加のものを選びましょう。

おすすめの葉酸サプリ

600shutterstock_20355118
様々な種類の葉酸サプリが販売されていますが、その中でも特に人気のあるおすすめの葉酸サプリを3種類紹介します。

ベルタ葉酸サプリ

1つ目は「ベルタ葉酸サプリ」です。1日400㎍の葉酸を摂取できる十分な量に加えて、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンB6を含む27種類のビタミンやミネラル、鉄分も含まれたサプリです。においもほとんど無く、粒も小さめのものなので飲みやすいです。天然酵母由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリで問題のある添加物を使用していないので安全性も高く、人気・実績ともに1番の製品です。

商品の確認はこちら☟
http://belta-shop.jp/user_data/folate.php

はぐくみ葉酸

2つ目は「はぐくみ葉酸」です。このサプリは無農薬のオーガニックレモンから抽出されたモノグルタミン酸の葉酸サプリで、1日に400㎍摂取できることに加え、天然のビタミンCがとれるアセロラエキスやカルシウムやミネラルが豊富なサンゴカルシウムが配合された天然素材100%の葉酸サプリです。品質の安全性にこだわっており、添加物は一切含まれていないサプリです。他のサプリに比べると鉄分の配合が少ないですが、葉酸のみ摂取したい人や、貧血で産婦人科より鉄剤を処方されている人には最適です。天然成分なので、鉄剤と同時に摂取しても問題ありません。
商品の確認はこちら☟
http://www.hugkumiplus.net/yousan/lp/

AFC葉酸サプリ

3つ目は「AFC葉酸サプリ」です。このサプリを販売しているエーエフシーは老舗健康食品メーカーです。葉酸の摂取量はもちろんですが、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンC、カルシウムに鉄分など葉酸の吸収を助ける栄養素も一緒に配合されています。一部食品添加物が入っているものの安全であり、安心して飲めるサプリです。上記の2つに比べて価格も低いため、コスト重視で選ぶならこのサプリがおすすめです。
商品の確認はこちら☟
http://464981.com/yousan/

最後に・・・

600 shutterstock_286988390

葉酸がどれほど大事なのかを知っていただいたうえで、規則正しいバランスの取れた食事を心がけると共に補助サプリで1日に必要な摂取量をしっかり取り元気な赤ちゃんを迎えましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部