1. TOP
  2. 健康/美容
  3. 美容オイルが浸透しない!乾燥肌にはオイル美容は逆効果なの?ホントの効果と使い方

美容オイルが浸透しない!乾燥肌にはオイル美容は逆効果なの?ホントの効果と使い方

健康/美容
この記事は約 7 分で読めます。 272 Views
Sponsored Link

オイル美容はどんな肌にも合う美容法で、特に乾燥肌に効果的といわれていますよね。でも本当にそうなのでしょうか?

実は乾燥肌にとって美容オイルを正しく使わなければ、かえって乾燥したりすることも!

そこで今回は乾燥肌のために!オイル美容の本当の効果と注意点について詳しくお話ししていきたいと思います。

乾燥肌には逆効果?美容オイルのホントの効果とは?

美容オイルは人間の皮脂膜に似た構造をしているので肌なじみも良く、肌表面を保護して角質層内の水分の蒸発を防ぐ働きがあります。簡単に言えば「乾燥から肌を守ってくれる」ということ。

でも残念ながら、美容オイルさえつければどんなに乾燥肌でも十分保湿ができる!というわけではありません。

その理由は美容オイルの本当の効果に隠されています。

美容オイルの本当の効果と注意点

水分蒸発を完全に防げるわけではない。

たしかに美容オイルには肌の水分蒸発を防ぐ効果があります。でもそれは乳液やクリームも同じ。

両者の違いとしては美容オイルの方が乳液やクリームよりも水分蒸発を抑えられる時間が少し長めという程度なんです。

つまり美容オイルをつけたからといって、100%水分蒸発を防げるわけではないということに注意しましょう。

しっとり感を「潤っている」と勘違いしてしまう。

乾燥肌が美容オイルを使う場合に最も注意して欲しいのがこの点です。

美容オイルは人の皮膚との相性がとてもよく、親和性が高いので肌になじみやすいのが特徴です。また美容オイルには肌を柔らかくする効果もあります。

先ほどもお話ししたように、美容オイルをつけても水分蒸発はゆっくりしていきます。でも肌表面に油分が充分あるため肌が潤っていると勘違いしてしまい、水分蒸発による乾燥を感じにくくなってしまうのです。

そして知らず知らずのうちに乾燥が悪化してしまうというわけです。

水分を与えられない。

美容オイルは人間の皮脂膜に似ています。でも皮脂膜との大きな違いは水分を持っているかどうかです。

皮脂膜は汗(水分)と皮脂(油分)がバランスよく混ざり合ってできる天然の保護膜です。ですが美容オイルは100%オイル(油分)なので水分は含まれていません。

なので美容オイルだけをつけたからといって肌に水分を与えることはできないということ。考えてみれば当然のことですよね。

乾燥肌の場合、油分だけでなく水分も不足しているので、「美容オイルだけしか使わない」というケアでは保湿が不十分になってしまうのです。

美容オイルが浸透しない?!その理由とは?

オイル美容をしているけどイマイチ肌に浸透していない気がする…と感じている場合、使っている美容オイルにその理由があるかもしれません。

というのも、肌への浸透力は美容オイルの粒子の大きさによって違いがあるんです。

美容オイルは粒子が小さいものは肌に浸透しやすく、逆に粒子が大きいものは浸透しにくいという特徴があります。浸透しやすいオイルというのはブースターとして使うのに適しています。

逆に浸透しにくいオイルは肌表面の保護の役割としてスキンケアの最後に適しているのです。

粒子が小さく浸透しやすい美容オイルはブースターオイルとして使われていることが多いです。

例えばマカデミアナッツオイル、アルガンオイル、ホホバオイル、オリーブスクワランオイルなどの植物性のピュアオイルが一般的です。

これらのオイルについて詳しくは別記事「美容オイルのブースター効果とは??ブースター効果でツヤツヤ肌に!」にも記載していますので参考にしてください。

一方、粒子が大きくて浸透しにくいけれど肌の保護に最適な美容オイルは馬油やスクワランといった動物性のものやベビーオイルのような鉱物油です。

美容オイルは一概に浸透させなければいけないわけではないので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。

またオイルの粒子の大きさというのは精製度や組織の違いで変わってきます。

例えば、同じ馬油でも保護に向いているものとブースターに向いているものとに分かれます。

なので肌の保護用として選ぶときは単純に使用感がこってりと濃厚なものを選ぶといいですよ。

乾燥肌向け 美容オイルの正しい使い方と注意点

オイルだけではダメ!

乾燥肌の場合は美容オイルのみケアは避けた方がいいでしょう。

なぜなら美容オイルだけでは必要な水分を補うこともできないだけでなく、オイルのしっとり感を「潤った」と勘違いしてしまい、知らず知らずに肌の乾燥を悪化させてしまう傾向があるからです。

乾燥肌には化粧水などの普通のスキンケアでしっかり水分や油分を肌に与えたうえで、その蒸発を防ぐためのサポートとして美容オイルを活用するようにしましょう。

また先ほどお話しした、オイルの粒子が大きめのオイルは肌の保護としてスキンケアの最後に使ったり、乳液やクリームなどの油分系のスキンケアに少量混ぜると保湿力がUPします。

リキッドやクリームファンデ、下地に混ぜて使うと日中の乾燥予防にもなり自然なツヤ肌が作れますよ。

逆に粒子の小さいオイルは肌なじみや浸透力も良いので、ブースターやクレンジングオイルとして使うといいでしょう。

(美容オイルのブースターやクレンジングについて詳しくは別記事「美容オイルのブースター効果とは??ブースター効果でツヤツヤ肌に!」や「美容オイルでのクレンジングは肌に悪い?正しいやり方と使用上の注意」などに記載しています)

乾燥性敏感肌などにはオイルのみのケアはおすすめ

同じ乾燥肌でも乾燥性敏感肌やその他の肌トラブルで敏感になっているときは、通常のスキンケアが肌にしみたり刺激になって更なるトラブルを招く可能性があります。

そんな時には洗顔後に美容オイルのみのケアがおすすめです。

美容オイルは肌のバリア機能が弱くなって敏感になっている肌を優しく保護してくれますし、肌の炎症を抑える効果のオイルもあります。

また血行促進、代謝UP、ターンオーバーの正常化などの効果もあるので、健康な肌を取り戻すことができます。

過敏な時期はオイルのみのケアで様子を見て、肌が落ち着いてきたら通常のスキンケアに戻していきましょう。

その際、『オイルだけではダメ!』でお話ししたように美容オイルを普段のスキンケアと合わせて取り入れていくことで今後の肌トラブルの予防ケアにもなりますよ。

界面活性剤フリーのスキンケアがしたい人にもおすすめ

最近のオーガニックコスメブームも影響しているのか、なるべく化学成分を避け、肌に優しい自然由来・天然由来成分のものを使いたいという女性が増えています。

乾燥肌や敏感肌でもそうでなくても、スキンケアはなるべく肌に刺激や負担がないものでケアしたいという思いは自然なこと。

特にこうしたナチュラル志向派が避けたいと思う成分の代表的なものが「合成界面活性剤」と呼ばれる化学成分です。

界面活性剤は本来混ざり合わない油分と水分を合わせるための「つなぎ」の役割があります。化粧品の成分は大きく分ければ水と油。

つまり界面活性剤は化粧品を作る上で欠かせない成分で、一般的な化粧品のほとんどに使われています。

特にクリームや乳液などはその形状からも界面活性剤が入っていることが多いアイテムなので、これらを美容オイルに変えてみましょう。

必ずしも界面活性剤は肌に悪いもの!ということではありませんが、人によっては肌に負担がかかりトラブルの原因になっている場合もあるのです。

直接トラブルにつながらなかったとしても、肌へのあらゆる刺激やリスクを徹底して避けることで肌本来の、自力で肌を美しくしていく力を高めていく効果があります。

こうしたスキンケアに興味がある人は一度試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

正しい使い方をすれば、乾燥肌に美容オイルが逆効果になるということはありません。

美容オイルの本当の効果を理解したうえで、自分の肌状態に合わせた使い方をしていきましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部