1. TOP
  2. 健康/美容
  3. ルイボスティー|妊活・妊娠期間に飲むと嬉しい!いろいろな効能とは?

ルイボスティー|妊活・妊娠期間に飲むと嬉しい!いろいろな効能とは?

健康/美容 出産/妊娠
この記事は約 10 分で読めます。 1,651 Views
Sponsored Link

美容や健康、その他にも様々な効能があると言われているルイボスティー。
このルイボスティーは毎日麦茶のような感覚で家庭で気軽に飲むことが出来るお茶です。

今回は、魅力たっぷりなルイボスティーの効能・効果についてご紹介します。

ぜひ、素敵な女性を目指して体の中からキレイにしてみませんか?

また、ルイボスティーは妊活・妊娠期間中、産後にも良い効果がありますので、ルイボスティーの効能についててぜひ読んで頂き、元気な赤ちゃんを迎える準備として取り入れてみてください。

ルイボスティーとは?

ルイボスティー
ルイボスティーは南アフリカ生まれのお茶でたくさんの鉱物が含まれる一部の地方でしか育たないお茶です。

南アフリカの先住民は、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として飲まれ続けてきました。

ルイボスティーは人間の体内の老化の原因とされる「活性酸素」を除去することが出来る「酵素」がたっぷり含まれています。

そして健康な体を作り維持するために必要なミネラルが豊富で、脂肪の酸化を抑える抗酸化作用があり、ノンカフェインでとても飲みやすいお茶です。

ルイボスティーにはどんな効能・効果があるの?

美肌効果・老化防止の効能

ルイボスティー効能,美肌
ルイボスティーに含まれる酵素は人間の老化原因を除去できる効能があると言われています。

女性が気になることといえば、「しわ」「たるみ」「しみ」などが老化現象の一種だとされており、
この老化現象の原因は余分な活性酸素であると解明されています。

ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化成分が活性酸素を強力に除去し、若々しい肌に保ってくれます。

美肌を維持するには欠かせないマグネシウムやカリウムなどのミネラル、ビタミンCやカルシウムなどの成分もバランスよく含まれていて、
飲み続けることで肌荒れも改善され、毛髪もしっかりするなど効果を実感することができます。

そして、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝を促進し、生活習慣病をはじめとする病気の予防につながる効能があります。

妊活・妊娠期間や産後にも効果・効能あり

ルイボスティー効能,妊娠期間

妊活期間の効能

ルイボスティーは妊活する女性にお勧めのお茶といえます。

赤ちゃんを迎えるためには子宮や卵子の状態が良くないといけません。また基礎体温も安定していないとタイミングが合わなかったり、排卵障害を起こしたりします。

子宮では活性酸素が大事な役割をしており、この活性酸素のバランスが崩れると生理痛や着床がうまくいかない体になってしまいます。

ルイボスティー余分な活性酸素を除去してくれるので、卵子や子宮などの状態を良くし、バランスを保ってくれる効能があります。それにより着床しやすいフカフカの子宮になります。

また、ルイボスティーには亜鉛やミネラル、ポリフェノールなどの成分が含まれ、この成分が卵子の質を上げてくれます。亜鉛には黄体形成ホルモンを活性化する働きがあるので、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促してくれます。

エストロゲンが増えることで子宮内膜は厚くなり受精卵を迎え入れしやすい状態になります。

他にも、ルイボスティーは毛細血管を丈夫にする効能があり、ゴースト血管といわれる消えそうな毛細血管をしっかりとサポートし、血行を良くしてくれます。

そして血液をサラサラにしホルモンバランスを整えてくれるので低温期、高温期を分かりやすくしてくれる効能があります。

こういった効能のあるルイボスティーは妊活期間には欠かせないお茶であるといえます。

妊娠期間中の効能

妊娠期間中は免疫が下がり体調を崩しやすかったり、感染症に罹りやすいとされています。

そのため、妊娠期間中は栄養をしっかり取り、風邪などを引かないように注意しなければなりません。カルシウム不足なども赤ちゃんの成長に影響し、カフェインも控えるなど飲み物も限られ、気を付けないといけないことが増えます。

ルイボスティーにはカルシウムがしっかり含まれており、妊娠期間中にはカルシウムをしっかりと取る必要があります。

カルシウムは胎児の骨や歯の形成に必要で大量に体から消費されます。不足してしまうと胎児の成長に影響が出ると共に骨粗しょう症などを引き起こしてしまうことがあります。

ルイボスティーの魅力はノンカフェインであることです。妊娠期間中にはカフェインをあまり取らないほうがいいので、ルイボスティーは気にせず飲むことが出来ます。そして鉄分やホルモンバランスも整え、ミネラルたっぷりなので母子ともに健康にマタニティーライフを過ごすことが出来ます。

産後の効能

産後に心配になることで言えば母乳ですよね。授乳期間に母乳が出にくかったり、母乳だけでは足りているのか不安になることがあります。

母乳が出ない原因は様々ありますが、血行不良や冷え性、貧血や水分不足、ミネラル不足などが挙げられます。そして母乳は母親が摂取した水分が大きく影響していると言われています。

質の良い母乳は母体の水分が豊富で質のよい水分を多く取っている必要があります。授乳中にカフェインを多く含むものを飲んでしますと母乳が出にくくなり、赤ちゃんには良くありません。

ルイボスティーはノンカフェインで母乳に必要な栄養素もたっぷり含まれており、授乳期間中の血行不良改善や冷え性改善につながり質の良い母乳を作るためにはもってこいのお茶です。

アレルギー症状の軽減

ルイボスティー効能,アレルギー
ルイボスティーに含まれるSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という抗酸化成分によって体の免疫力を高めます。

そしてアレルギー抑制作用により肌の痒みや腫れなどの炎症反応を抑える効能があります。ルイボスティーを毎日飲むことで、アトピー性皮膚炎を緩和・改善することができます。

また、くしゃみや鼻水などに悩まされるアレルギー性鼻炎や花粉症もルイボスティーを飲むことで症状が和らぎます。

多く含まれるミネラルが細胞を活性化させ、免疫力が高まることで症状が徐々に和らぐといわれています。

ルイボスティーのポリフェノールなどがアレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑制するため、くしゃみや鼻水が軽減します。

むくみを改善

ルイボスティー効能,浮腫み
ルイボスティーに含まれる亜鉛などミネラルは、体内でエネルギーを発生させます。

それにより体温が上昇し、リンパや血流をスムーズにし老廃物や余分な水分を排出するデトックス効果があります。

便秘

ルイボスティー効能,便秘
ルイボスティーに含まれる抗酸化成分SODが腸内をキレイにし、腸の働き(善玉菌の働き)を活性化してくれることで腸内の毒素が除去されます。

善玉菌が活発になることで腸内環境が整い、腸内に溜まっていた便が自然と排泄されるようになります。

そして、ルイボスティーに含まれているマグネシウムは腸内の水分を集め便を軟らかくする効果・効能があるので便が固かったことで引き起こされる排便痛も改善され、便秘解消につながります。

最初の頃は便秘が改善され今まで詰まっていた便がたくさん出てきたり、便が軟らかくなりすぎて緩めの便が出るなど不安定かもしれませんが、腹痛を伴うような下痢になるなどの負担はかからないので安心してください。

ダイエット

ルイボスティー効能,ダイエット
ダイエットに欠かせない「脂肪を燃焼させエネルギーに変える」という役割を持つ『代謝酵素』。

ルイボスティーに含まれるSODはこの代謝酵素の一つで、身体の毒素を排出してくれるデトックス効果があります。

体内に老廃物を溜めることなく、胃や腸の働きを良好に保つので痩せやすい体を作ります。

ダイエットすると便秘になりがちですが、(2.5便秘)でも紹介しましたがルイボスティーは便秘も解消してくれるので気軽にダイエットに取り組むことが出来ます。

安眠・ストレスの軽減

ルイボスティー効能,ストレス解消
日々の仕事や人間関係、様々なことでストレスを抱えている人は多いです。

ストレスを感じると体内に活性酸素が発生し、体内に悪影響を与えます。ルイボスティーには余分な活性酸素を除去してくれる働きがあり、リラックス効果、ストレス軽減効果、体温上昇効果があります。

ストレスを抑えてくれるフラボノイドを含み、たくさんの栄養素(ビタミンB1やマグネシウムなど)が体内エネルギーの活動を活発にしてくれるため、体温が上昇し気分が落ち着きストレスによるイライラを減らしてくれます。

ルイボスティーはノンカフェインのため、夜に毎日飲むことで安眠につながります。

冷たいルイボスティーもおいしいですが、夜に少し温めた300mlくらい(マグカップ1杯程度)を毎日続けることをお勧めします。

二日酔い

ルイボスティー効能,二日酔い
二日酔いはアセトアルデヒドという危険な毒素が原因で引き起こされます。

アルコールを分解するために大量の水分を使い、排出するときにミネラルまで出してしまいます。ミネラルが不足することで肝機能が低下し、大量の活性酸素が発生することで頭痛や吐き気を引き起こします。

二日酔いを防ぐためにも、お酒は適量を飲むことが一番ですが、ルイボスティーにはルイボスティーを飲むことでミネラルが補われSODにより余分な活性酸素を除去するので肝臓の働きを助ける効能があるといわれています。

頭痛や吐き気がある場合はすぐにルイボスティーを飲んでみてください。

30~60分後に症状は軽減されます。

貧血

ルイボスティー効能,貧血
毎日約40mgの鉄分を失うといわれていますが、女性の場合、生理などがあるため鉄分をしっかり補わないと鉄分が不足し酸素を運ぶヘモグロビンが減少するため貧血になります。

補うためには飲み物や食べ物でしか取り戻せませんが、重症の場合は病院にて投薬治療することになります。重症化する前に、貧血を改善又は予防したいですよね。

食べ物からの摂取だと鉄分だけ取るのは難しく、一緒に食べるものによってはうまく吸収することが出来ません。

そこでルイボスティーの登場です。吸収の妨げになるカフェインやタンニンが含まれていないため効率的に鉄分を補うことが出来ます。

ルイボスティー100gあたり約10gの鉄分が含まれており、1日2~3杯飲むことで1日に必要な鉄分を取り戻せるといわれています。

糖尿病や動脈硬化の予防

ルイボスティ効能,糖尿病
病気の9割は体内の活性酸素が関係していると医学的に言われています。

その中には糖尿病や動脈硬化など誰でも聞いたことのある病名ばかりです。もちろん原因は活性酸素以外にもありますが、活性酸素を体内から減らすことで病気を未然に防ぐ、安定させる、改善させることができます。

ルイボスティーには活性酸素を除去してくれる効果の他に、食後の血糖値の上昇を抑える効能があるといわれています。

茶葉に含まれるピニトールという成分がインスリンと同じような働きをすると言われていて、糖尿病や高血圧患者が長期間ルイボスティーを飲んだことで血糖値が安定したという事例もあるそうです。

また、ルイボスティーに含まれているポリフェノール「ケルセチン」とは強力な抗酸化力を持っている成分で、炎症による痛みの軽減や血管の損傷・血流障害を改善すると言われています。

動脈硬化やコレステロールの低下、血圧の上昇を抑えるなどの効果があります。

熱中症

ルイボスティー効能熱中症
熱中症は夏の暑い時期になると必ず聞く言葉ですよね。

暑さによって体内の水分量・塩分量その他ミネラルなどの栄養素のバランスが乱れ、夏バテや熱中症を引き起こします。

ルイボスティーにはミネラルやナトリウムが豊富に含まれており、ただ単に水分を取る(水を飲む)より失った栄養素を効率的に補充することが出来ます。

また、体内のミネラルバランスを保つために必要なカルシウムやマグネシウム、鉄分、亜鉛などの栄養素もバランスよく含まれているので熱中症対策だけでなく夏バテ防止にもルイボスティーはお勧めです。

ノンカフェインなので、妊婦をはじめ小さい子どもも飲めるので暑い時期には積極的に飲んでほしいお茶です。

正しく飲もう!効果・効能を得るために良いルイボスティーの選び方

ルイボスティー効能,選び方
他のお茶もそうですが、ルイボスティーにも様々な種類やグレードがあります。

ドラックストアでも気軽に購入できる種類もあれば、通販や専門店でしか購入できない少し値段の高めのものまであります。

日本で販売されているルイボスティーはほとんどが最高品質の茶葉か品質の良い茶葉を使った「スタンダード」と呼ばれるグレードのものです。

なるべくオーガニック茶葉の品質の良いルイボスティーを選んでください。

ルイボスティーには2タイプあります。「煮出すタイプ」又は「煮出さないタイプ」です。

お勧めは煮出すタイプのもので、沸騰後10分以上はしっかりと煮出し、その後もルイボスティーのパックを冷えるまで入れっぱなしにしておくことが重要です。

注意点として10分以上と述べましたが20分以上は煮出さないようにしてください。

渋みが出てしまいます。

良いルイボスティーを選び、適切な飲み方で長期間摂取することが大切です。


この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

おすすめ記事妊活から妊娠初期の経験談|不安な任活時期から妊娠まで

おすすめ記事つらい便秘に!妊婦さんも飲んでOKなハーブティでお通じ改善♬

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部