1. TOP
  2. 出産/妊娠
  3. 妊娠さんの肌荒れの原因は!?肌荒れの原因とおすすめの対処法

妊娠さんの肌荒れの原因は!?肌荒れの原因とおすすめの対処法

出産/妊娠
この記事は約 9 分で読めます。 2,124 Views
Sponsored Link

妊娠中期~後期の肌荒れが起こりやす原因は?

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e4%bb%87%e8%8d%92%e3%82%8c%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e4%b8%ad%e6%9c%9f%e4%bb%a5%e9%99%8d

妊娠初期に比べて体調が落ち着いたり、妊娠している自分自身に慣れてくるであろう妊娠中期~後期ですが、まだまだ肌荒れが落ち着かない、なんて方もいますよね。

お腹がどんどん大きくなってくる妊娠中期~後期ですが、お腹が大きくなるにつれて苦しさを感じることも出てくるのではないでしょうか。

胃が圧迫されていっぺんにたくさん食べられなくなったり、というのはよく聞きますが、そのほかにも大きくなったお腹、子宮に圧迫されて機能が低下している内臓があります。そのひとつが、肝臓です。肝臓は機能が落ちてくると、胆汁の循環がうまくいかなくなり、溜まりやすくなります。胆汁の成分が蓄積するとヒスタミンが増加し、見た目には何もなくても皮膚にかゆみが生じます

また、子宮により多くの水分を取り込もうと体が働いたために母体自身には水分が足りなくなって乾燥することもあります。お腹が大きくなるにつれて皮膚がつっぱるようになり、そこが痒くなることもあります。

そして、胃や腸も圧迫されて狭くなってくると排出されにくくなり、体内に毒素が溜まりやすくなってきます。お腹が大きくなるにつれて力むのも気が引けたり、思うように力が入らず便が出せなかったりします。そうすると体内で毒素はどんどん溜まっていき、それが皮膚表面へ吹き出物として排出されはじめます。

妊娠中期~後期の肌荒れはどんな症状?

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e8%82%8c%e8%8d%92%e3%82%8c%e3%81%8b%e3%82%86%e3%81%84

とにかく全身が痒い

見た目にわかるブツブツもあれば、まったく何も出ていないのに痒い場合も。

お腹が大きくなるにつれて皮膚がつっぱるような感覚があり、痒みを生じることも

皮膚のつっぱりを感じ始めたら特に注意が必要です
皆さんが恐れる”妊娠線”ができ始めているかもしれません…
妊娠線とは体型の急激な変化に皮膚の細胞がついていけずに断裂が起き、線状斑が現れることをいいます

吹き出物

毒素の排出が上手くいっていなかったり、ホルモンバランスの乱れによるもの

おすすめの妊娠中期~後期の肌荒れ、対策

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e8%82%8c%e8%8d%92%e3%82%8c%e4%bc%91%e9%a4%8a

吹き出物に関しては、妊娠初期で前述したとおり、体調に合わせてケアをしていくことが大切です。

ただ、同じ妊娠中であっても初期、中期、後期によって肌の状態が異なる場合もありますので、少しずつ状態を見ながらケアを行ってください。急に改善しようとすると負担になる場合もありますので、焦らず、原因をしっかりと考え、自分自身と向き合いながらゆっくりと行ってくださいね。

体の痒みに関しては、原因は様々ですが、まずは規則正しい生活を心がけ、免疫力の低下を防ぐことです。規則正しく生活し、しっかりと休養を取ることによって身も心も安定しやすく、様々なトラブルを防ぐことができます。

また、大きくなるお腹を止めるわけにはいきませんが、体重のコントロールをしっかりと行い、ゆるやかに体重を増やしていくことによって皮膚への負担も減り、妊娠線も出来にくくなります。

そして、見た目に変化のあるなしに関係なく、保湿をしっかりすることが大切です。肌をしっかりと保湿すると、肌のバリア機能の低下を防ぎ、さまざまな外部からの攻撃にも耐えることができます。

汗疹や湿疹など、何か原因の特定できるような痒みであれば病院でお薬を処方してもらってください。ステロイドの入っているお薬であっても皮膚から吸収される量は極少量だと言われており、赤ちゃんや母乳への影響はほとんどないと考えていいそうです。

妊娠中期~後期の肌荒れに効く、スキンケアとおすすめの使い方は?

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e8%82%8c%e8%8d%92%e3%82%8c%e4%bf%9d%e6%b9%bf

妊娠中期~後期におこる痒みにおすすめするケアの方法をご紹介します。
まずは体を常に清潔に保ち、一度刺激を感じた化粧品や石鹸などは使わないようにしましょう。ピリピリしただけのものが、回数を重ねると肌に赤みが生じたり、ボロボロになる場合もあります。

また、新しい化粧品などを購入する際にはメーカーや使い心地、香りだけでなく、裏面などに表記されている成分を見てください。

アレルギーとなる成分が少量でも含まれていると妊娠前はなんともなくても、敏感になっている肌が過剰に反応してしまうこともあります。メイク用品だけでなく、ボディソープや洗顔せっけんなど、肌に触れるすべての物に原因があると考えてもらったほうがいいと思います。

入浴後に保湿をするのはもちろんですが、汗をかいたあとや、寝起きなど、布で皮膚をこする機会のあった後には保湿を心がけてください。

保湿するクリームは刺激のない、市販の物でも構いませんし、妊娠線の予防に特化しているとされる商品もあります。また、病院で薬の入っていない保湿剤を処方してくれますので、そちらも手軽に利用できると思います。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中は様々なトラブルが次々と起こる方も多く、せっかくのマタニティライフなのに…と参ってしまうかもしれませんが、こまめに少しずつケアをしていくことで、トラブルを回避することができます。

様々なトラブルやその原因、対処法などをご紹介しましたが、これらは特別な事ではなく、”健康的”な生活を心がけることによって対応していけることばかりです。

そのときの状態に合わせて、少しずつ、無理のない程度にケアを行っていきましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

be-a-mother編集部

be-a-mother編集部