1. TOP
  2. 出産/妊娠
  3. 妊婦の体重増加の目安は?妊娠中にうまく体重管理する方法にアロマ!その方法が凄いとうわさに!!

妊婦の体重増加の目安は?妊娠中にうまく体重管理する方法にアロマ!その方法が凄いとうわさに!!

出産/妊娠
この記事は約 7 分で読めます。 1,482 Views
Sponsored Link

妊娠中は太る?!

体重増加の原因

子宮自体が大きくなったり、胎児や胎盤、血液量の増加や乳房の発達など、身体の変化に伴う体重増加がみられます。出産を迎えるとき、赤ちゃんの体重は約2.5~4.0kgですが、妊婦さんの体重はそれ以上に増えます。

内訳としては、胎盤(約0.5kg)、羊水(約0.5kg)、血液(約2.5kg)、子宮・乳房(1.5kg)の増加があります。

個人差はありますが、妊娠中に体重が約7~10kg増加するのが一般的です。

自分自身も太ってしまう

妊娠中は食欲増加や、ホルモンバランスなどによって脂肪を溜めやすくなってしまいます。

前述したように、赤ちゃんや羊水などで7~10kgは体重が増えますが、それ以上に増えてしまったぶんは、全て余分な脂肪となってお母さんの身体に蓄えられていることになるのです。

むくみが体重増加につながることも

妊娠中、急に体重が増えたりしたことはありませんか?1日の間に数キロの変動をするときは、ほとんどが水分です。

とくに、短時間で2~3キロ増えてしまうようなときには、血圧や腎臓に何らかの異変が起こっている場合もあります。

体重は毎日チェックするようにし、急激な変動がみられる場合には、病院に相談しましょう。

体重が増えすぎると怖い!

体重が増えすぎると、余分な脂肪が産道を狭くし、赤ちゃんが出てきにくくなります。

また、体重が増えることで、動くたびに心臓に負担がかかったり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの重大な病気に発展してしまうこともあります。

あまりに症状がひどい場合には妊娠継続が難しくなることもあるので、体重増加しすぎないことが大切になります。

逆に体重が増えないのもダメ。

体重増加を気にしすぎたり、つわりや胃の圧迫、便秘などで食欲が落ちる場合も。

しかし、お母さんの体重が増えないと、赤ちゃんも低出生体重となってしまったり、早産につながることもあります。

適度な体重増加は赤ちゃんの成長のためにも必要です。

妊娠中の体重増加の目安

妊娠中は1週間に200~500gの体重増加が望ましいと言われています。

1週間に500gを超えるような増加には注意が必要です。

また、妊娠7~8ヶ月ごろには赤ちゃんの成長によって急激に体重が増える時期なので、それまでに体重を増やしすぎないことが重要です。

体重管理に効果的なアロマの使用法

芳香浴

精油の香りを楽しむ方法です。

鼻や肺の粘膜から香り成分を体内に吸収し、身体に作用させます。

手軽にできて刺激が少ないため、妊娠中におすすめの方法です。

専用のディフューザーなども販売されていますが、なければ熱湯を入れたマグカップなどに精油を垂らすだけでも十分に楽しむことができます。

オイルトリートメント

マッサージオイルに精油を混ぜて、皮膚に塗り込む方法です。

精油成分をそのまま皮膚に吸収させることができるので、無駄なく作用させることができますが、妊娠中には刺激が強すぎることもあるため、専門家に相談してから実施することが望ましいです。

また、妊娠中は精油の影響に敏感になりますので、精油の使用濃度が1%を超えないように注意が必要です。

アロマ歯磨き

少しイレギュラーなのですが、食欲コントロールにはかなり効果的な方法です。

アロマ専門店などに行くと、アロマセラピー効果のある歯磨き粉が売られていますので、それを使用して歯磨きします。

食欲が抑えられないときにしようすると効果は絶大!また、つわりなどで口が気持ち悪い時にもつかえます。

ここに注意!妊娠中に使えないアロマと食欲をコントロールできるアロマたち

以下の精油は子宮の収縮を引き起こしたり、胎児や母体に刺激を与えてしまう精油です。妊娠中の使用は控えましょう。

  • クラリーセージ
  • クローブ
  • シナモン
  • ジャスミンアブソリュート
  • ジュニパーベリー
  • スイートマジョラム
  • タイム
  • バジル
  • フェンネル
  • ペパーミント
  • ミルラ
  • ローズマリー
妊娠中に使えない精油に関しては、参考にする文献などによって違いがみられます。

人によって作用の程度も様々ですので、アロマセラピーを実施する際には体調の変化に注意し、体調が悪化した場合にはすぐに使用を中止して、医師の診察を受けてください。

食欲を抑えるアロマ

グレープフルーツ

爽やかな柑橘系の香りで、親しみやすい精油です。

食欲が抑えられないときに気分をリフレッシュさせてくれる他、脂肪燃焼効果や利尿作用もあり、体重管理の強い味方になってくれます。

ただし、血圧を上げる作用があるため、血圧や循環器系の異常を指摘されている方は使用できません。

また、紫外線に当たると変質して皮膚障害を起こすことがあるため、使用した部位は12時間ほど日光にあたらないようにしましょう。

ベンゾイン

バニラに似た甘い香りの精油です。

「食べたい!」という衝動を抑えて、心もほんわりとリラックスさせてくれるので、体重管理でストレスが溜まっているときに役立ちます。

ただし、この精油はアルコールで希釈されているため、使用するときは濃度を薄めにしてください。

フランキンセンス

どっしりと重いオリエンタルな香りの精油です。

濃厚な香りが、気分も食欲も落ち着けてくれます。

特に精神を安定させる作用が強いので、寂しさや不安から、何かを口に放り込みたいような衝動を抑えてくれる働きがあります。

スペアミント

ペパーミントと香りが似ていますが、ペパーミントよりも作用が穏やかなため、妊娠中でも使用できます。

市販の歯磨き粉にも使用されており、気分をシャキッと引き締めてくれる効果があります。

お腹が空くと気分が悪くなるような、食べづわりのときに効果的。

精油を購入して使用する他、スペアミントが含まれたガムやタブレットを口に含んだり、スペアミントのハーブティーを飲むのもおすすめです。

食欲を増加させるアロマ

オレンジスイート

甘くて爽やかな柑橘系の香りの精油です。

胃腸の働きを活発にしてくれるので、つわりや胃の圧迫などで食欲が出なくて体重が落ちてきたときに効果的。

ただし、グレープフルーツ同様に、紫外線に当たると変質して皮膚障害を起こすことがあるため、使用後12時間は紫外線が使用部位に直接当たらないよう注意してください。

ジンジャー

しょうがのスパイシーな香りが特徴の精油です。

胃腸の働きを活発にしたり、唾液の分泌を促してくれる作用があります。

少し刺激が強い精油のため、妊娠中は芳香浴のみに使用するのがおすすめ。

まとめ

体重管理は健康な赤ちゃんを産むためにも大切なこと。

わかってはいるけれど、ホルモンバランスなどの影響で食欲を抑えられなくてつらいことも多いです。

無理に我慢するとストレスになってしまって逆に良くないので、ちょっとした気分転換も兼ねてアロマを取り入れ、食に執着してしまう気持ちを少しでも和らげられるといいですね。

お気に入りの香りの精油を見つけて、体重管理を少しでも楽しめるようにしましょう♪


この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Be a mother.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Be a mother.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

星山春菜

星山春菜

メディカルアロマセラピスト&心理カウンセラーとして、婦人科や精神神経科の病に悩む患者様と、そのご家族に寄り添ってきました。

現在は初めての妊婦ライフ真っただ中!つわりやむくみなどに悩みつつ、アロマをフル活用して乗り切っています。皆様のお役に立てる記事を書けるようがんばります!